今季は9勝1敗「10勝に王手をかけているのは価値のあること」

■西武 – ソフトバンク(11日・メットライフ)

 西武のザック・ニール投手が10日、翌日11日のソフトバンク戦(メットライフドーム)での先発に備え全体練習に参加した。

 0.5ゲーム差で迎えるソフトバンクとの首位攻防戦第1戦に先発するニール。現在8連勝中と安定した投球を続けているが、9連勝を達成すれば「オリエンタル・エクスプレス」と称された94年の郭泰源に並び球団の外国人タイ記録となる。さらにニールが先発した直近10試合でチームは全て勝利と“負けない男”ぶりを発揮しているが、「次の登板に向けてベストを尽くすだけ。もしかしたら明日負けるかもしれないし、勝つかもしれない。自分にストレスを与えないように、考えすぎないようにしている」と自然体を貫く。

 14試合に先発し現在9勝(1敗)と10勝に大手をかけているが、「シーズンが始まる前に2桁勝ちたいと思っていた。(2桁勝利に)近づいてきて嬉しい」と笑顔。今や先発ローテの軸となった助っ人は「2か月1軍にいない時期があった中でも、10勝に王手をかけているのは価値のあること」と胸を張った。(安藤かなみ / Kanami Ando)