グラシアルの左前安打を処理すると、ストライク送球で今宮を刺す

■西武 – ソフトバンク(12日・メットライフ)

 西武の金子侑司外野手が、好返球で先制を阻止した。12日、本拠地メットライフドームのソフトバンク戦。勝った方がマジック点灯という大一番で、初回、いきなりの好返球でソフトバンクの先制を防いだ。

 初回、先発の十亀が1死から今宮に右翼越えの二塁打を打たれて出塁を許した。続くグラシアルの打球は三遊間を破って左前へ。ベースコーチが腕を回すのを見て、今宮は一気に三塁を蹴って本塁へと突入した。

 打球にチャージをかけた左翼の金子侑は落ち着いて、ワンバウンドで捕手の森にストライク返球。際どいタイミングとなったが、森のタッチが今宮のヘッドスライディングよりわずかに早くアウトとなった。先制を許すピンチを救う好返球に、本拠地の西武ファンからは大歓声が上がった。(Full-Count編集部)