パ・リーグ史上初の4連勝で“下克上”「ここ一番で集中力、勝負強さ発揮した」

■ソフトバンク 9-3 西武(CS・13日・メットライフ)

 ソフトバンクが3年連続の日本シリーズ進出を決めた。13日、敵地メットライフドームで行われたクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦。9-3で西武を下してパ・リーグでは初となる第1戦からの4連勝、ファーストステージから6連勝で“下克上”を達成した。試合後、報道陣に対応した工藤公康監督は「選手たちがここ一番で集中力、勝負強さを発揮してくれて4つ勝つことが出来た」とナインを称えた。

 3連勝で王手をかけて迎えた大一番。3回に今宮のソロで先制すると、4回にはグラシアルのソロ、甲斐の適時二塁打で2点を加えた。1点差に迫られた6回には今宮がこの日2本目の本塁打となる2ラン。7回にも2点を加えると、9回には今宮がこの日3本目となる2ランを放って加点した。

 この日5打数5安打3本塁打6打点という驚異的な活躍を見せた今宮について、工藤監督は「みごとな本塁打を打ってくれて、チームにとって大きな得点を入れてくれた」と称賛。打線も4試合全てで2桁安打、2試合連続で毎回安打と西武投手陣を次々に攻略。4試合で計55安打32得点を浴びせて圧倒した。

 投手陣も西武の反撃を食い止めた。失点こそしたものの、勝負ところの要所、要所では痛打を許さずに主導権を渡さなかった。自慢のリリーフ陣はこの日も鉄壁。5回途中から嘉弥真を送り、3番手高橋純が5回2死満塁のピンチを脱した。6回からは石川、甲斐野、モイネロ、森でリードを守り抜いた。

「しっかり対策はやってきた。一発長打のある打線なので秋山だけでなく、中村だったり山川だったり、あそこの3人を打たせると乗ってくるので、そういうところで要所を抑えていくことが大事だった」と、この4試合の戦いを工藤監督は振り返っていた。

 怒涛の4連勝で、10月13日という日に3年連続で日本シリーズ進出を決めた。2000年に亡くなった工藤監督の盟友である藤井将雄氏の命日だった。「知らない人も増えてきたけど、藤井が見ててくれて応援してくれていたと思うので、今日勝てたのが大きかったと思います」と工藤監督。指揮官にとって大切な日に、日本シリーズ進出という大きな1勝を掴み取った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)