日本は3戦全勝で首位通過、菊池が打率5割で首位打者、鈴木の9打点はトップ

「プレミア12」のオープニングラウンドが終わり次なる舞台は日本で行われるスーパーラウンド。このタイミングで各チームの成績を見ていこう。3グループで行われたが、投打のバランスがグループによって大きく異なるので、グループごとに見ていく。

【グループB】
チーム勝敗と得失点差、チーム防御率、打率、本塁打。※はスーパーラウンド進出。

日本 3勝0敗 20得5失 防御率1.67 打率253 本2 ※
台湾 2勝1敗 10得9失 防御率2.67 打率208 本1 ※
ベネズエラ 1勝2敗 11得12失 防御率3.81 打率292 本1
プエルトリコ 0勝3敗 2得17失 防御率4.68 打率143 本0

 日本と台湾が勝ち抜けたが、台湾は日本戦で1-8と大敗したため得失点差はわずか1点になっている。ベネズエラはチーム打率は1位だったが、防御率は3位と投手陣が踏ん張ることができず敗退した。

○打撃10傑。規定打席は10。

1 菊地涼介(日本)12打6安0本2点0盗 打率.500
2 鈴木誠也(日本)11打5安2本9点2盗 打率.455
3 L・カストロ(ベネズエラ)12打5安0本2点0盗 打率.417
4 I・デヘスースJr.(プエルトリコ)11打4安0本0点0盗 打率.364
5 A・カスティーヨ(ベネズエラ)12打4安0本0点0盗 打率.333
6 ワン・ウェイチュン(台湾)13打4安0本1点0盗 打率.308
7 フー・ジンロォン(台湾)10打3安0本0点1盗 打率.300
8 J・クエルクート(ベネズエラ)14打4安0本0点0盗 打率.286
9 リン・リー(台湾)11打3安1本2点0盗 打率.273
9 坂本勇人(日本)11打3安0本0点0盗 打率.273

オリックスでプレーする張奕は1試合に先発し7回無失点の好投

 首位打者は打率5割をマークした菊池。2位は鈴木と日本は広島勢の2人がチームを引っ張ったことがわかる。3位のルイス・カストロは今季はロッキーズ傘下のA+でプレーした。4位のイヴァン・デヘスース・ジュニアはドジャース、レンズなどで内野手としてプレーしたメジャーリーガー。父もメジャーリーガーだった。グループBの本塁打王は2本塁打の鈴木誠也、打点も9打点で鈴木誠也がトップ。9打点は3グループ通じて1位だ。

○投手10傑。3回以上。

1 張奕(台湾)1勝0敗7回 6K 防御率0.00
1 高橋礼(日本)1勝0敗6回 3K 防御率0.00
1 W・ペレス(ベネズエラ)1勝0敗5回 5K 防御率0.00
1 F・ドゥブロン(ベネズエラ)0勝0敗4回 3K 防御率0.00
1 フー・チーウェイ(台湾)0勝0敗3回2/3 3K 防御率0.00
1 H・アルバレス(ベネズエラ)0勝0敗3回1/3 1K 防御率0.00
1 今永昇太(日本)0勝0敗3回 4K 防御率0.00
8 ジャン・シャオチン((台湾)1勝0敗6回 5K 防御率1.50
9 山口俊(日本)0勝0敗4回 6K 防御率2.25
10 L・シントロン(プエルトリコ)0勝1敗4回 4K 防御率4.50
10 F・クルーズ(プエルトリコ)0勝1敗4回 6K 防御率4.50

 オリックスの張奕は、ベネズエラ戦で7回零封の好投。ソフトバンクの高橋礼はプエルトリコ戦で6回零封。フェリックス・ドゥブロンは日本戦で4回を零封。レッドソックス時代2度の2桁勝利を挙げた実力派だ。松坂大輔の同僚でもあった。ヘンダーソン・アルバレスは2014年マーリンズで12勝。ベネズエラはこうした実力派の元メジャーリーガーを揃えていた。最多奪三振は張奕、山口俊、クルーズ、そしてソト(プエルトリコ)の6奪三振だった。(広尾晃 / Koh Hiroo)