ソフトバンクからFA宣言した福田に西武は交渉解禁日に即日アタック

 西武の渡辺久信球団本部ゼネラルマネージャーは20日、FA宣言したソフトバンク・福田秀平外野手との交渉状況について「(連絡)待ちです」と明かした。

 これまでも交渉解禁日に即日アタックを行うなど、獲得に“前のめりな姿勢”を見せてきた西武。福田は宣言残留を認めているソフトバンクを始め、西武など複数球団と交渉を行っているが、現在も熟考中だという。

 不動の中堅手・秋山が海外FA権を行使してメジャー挑戦を表明しており、外野手のポジションが1つ空く西武にとって福田は魅力的な選手だ。渡辺GMは福田からの連絡については「待ちですね」と話し、吉報を首を長くして待っている様子だった。(安藤かなみ / Kanami Ando)