キャリアウーマンはルーキー・高橋、モデル風茶色コーデは高卒新人の戸郷だった

 巨人の謎の美女企画で話題となった「GIANTS BEAUTY ONE GP(ジャイアンツ・ビューティー・ワン・グランプリ)」の結果発表が23日、「ジャイアンツ・ファンフェスタ2019 supported by DAZN」の同コーナーで行われ、ベレー帽をかぶった“キレカワ女子”に変身した石川慎吾外野手が優勝した。

 同企画では巨人の7選手がプロのメイク、スタイリスト、カメラマンの力で“美女”に大変身しファンからの「いいね!」の数でNo1美女を選出。球団インスタグラムで選手名非公表で公開され、「いいね!」の数で順位が競われた。石川は3万8700いいねを集め、2位の今村信貴投手の2万500いいねを大きく上回った。

 石川のテーマは「キレカワ女子〜男子に広角アピール、長打あり!〜」。大きな瞳におしゃれなベレー帽……圧倒的な美女に変身した本人は「キラキラの目を見てください!」とアピールポイントを語っていた。「美しさを追求した究極の1枚」と企画スタッフも驚きの声を上げる仕上がりとなったGナインにファンからは「これホントに街歩いてたら振り向くかもしれん」と歓喜の声も上がっていた。

 なお、1位が石川慎吾外野手、2位がバニーガールに扮した今村投手、3位がキャリアウーマンの高橋優貴投手、4位が着物美女の直江大輔投手、5位がチャイナドレスの山下航汰外野手、6位が茶色コーデの戸郷翔征投手、7位がクリスマスコーデの横川凱投手だった。選手間投票では今村が1位だった。(Full-Count編集部)