バットクラフトマン名和民夫さん「『特に問題ないですよ』と言っていただいたことが印象深いです」

 今年3月のアスレチックスとの日本開幕戦後に現役引退を表明したイチロー氏(マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)。メジャー1年目の01年に史上2人目のMVP、新人王を同時受賞。04年にシーズン最多262安打、10年連続200安打を記録するなど輝かしいキャリアを積んできた。その希代のバットマンを支えてきたが、スポーツ用品製造会社「ミズノテクニクス」のバットクラフトマン、名和民夫さんだ。

 高校球児だった名和さんは85年3月13日に入社。ゴルフクラブ製造、物流業務を経て、93年にバット製造課に異動。イチロー氏の担当だった久保田五十一さんの下でバット職人としての修業を積み、イチロー氏のバットを担当するようになった。

「久保田さんから仕事を引き継がさせていただいた時に、久保田さんからいろんなことを話を聞かせていただいて、毎年毎年、帰国された時にお話を伺わせていただいてました。『今年のバットの調子はどうでしたか?』とお聞きした時に、『特に問題ないですよ』と言っていただいたことが印象深いです。問題があってはいけないんですけど、イチローさんに問題なく使っていただける。『最低限の仕事ができたんだな』と毎年思わせていただいたのが、非常に印象に深く、ありがたいことだなと思っています」

 バットへの要求が厳しいことでしられているイチロー氏。名和さんは毎オフ、自主トレ先であるほっともっとフィールド神戸などで意見を交わしていたが、「毎回緊張します」と振り返る。そんなイチロー氏が現役生活に別れを告げた。名和さんの心にはイチロー氏への感謝の思いが占める。

イチロー氏が現役引退「いろんなことを学ばせていただいた選手。私の方が『ありがとうございます』と言いたいぐらい」

「いろんなことを学ばせていただいた選手だなと思いますね。今年4月の頭にミズノ東京本社にイチローさんが来ていただくことがあったので、私とグラブ担当の岸本(耕作)がお邪魔させていただいて、ご挨拶をさせていただきました。イチローさんからは『長い間サポートしていただいて、ありがとうございます』というお言葉をいただいたんですけど、私の方が『ありがとうございます』と言いたいぐらいです」

 イチロー氏は12月に草野球デビュー。智弁和歌山の教職員チーム「和歌山智辯」と自身の友人たちで組んだ草野球チーム「KOBE CHIBEN」で対戦し、9回16奪三振6安打で完封勝利。バットでも木製バットを使って3安打を放った。その一戦を名和さんは「球のスピードとか違いますからね。タイミングのとり方も違うんだろうなと思いながら」と現役時代と変わらずにチェックしていたという。今では密かに温めている夢があるという。

「軟式用バットを作りたいなと思いますね。もし、ご要望があれば。実は『軟式野球をやりたいな』というのは4月の段階でちょっと聞いたことがあったんです。その時に『(ミズノ製品では)ビヨンドマックスという金属バットがありますよ』と話をしたんですけど、『僕が金属バットを使うのはおかしいでしょ? やっぱり木じゃないと』と言っていた記憶があります。ただ、イチローさんから『軟式用を作ってください』という依頼があれば、『軟式用を作ってみたい』という希望はあります」

 日米通算4367安打を記録したイチロー氏を支えたバット職人の情熱は今も衰えない。

■名和 民夫(なわ・たみお)1967年2月28日、52歳。岐阜・大垣市出身。1985年3月13日に「ミズノテクニクス」に入社し、ゴルフクラブ製造5年、物流業務2年を経て、バット製造課へ異動。現在はプロ担当。仕事内容は材料の選別とプロバット削り。今季はイチローをはじめ、巨人・阿部慎之助、広島・長野久義らのバットを手掛けた。これまでに2000本安打達成した選手では荒木雅博、福留孝介、新井貴浩を担当。(小谷真弥 / Masaya Kotani)