ターナーとレンドンは2015年から三遊間でコンビを組み、球団も認める親友

 ナショナルズからFAとなっていたアンソニー・レンドン内野手のエンゼルス移籍が決定した。ナショナルズで今季、三遊間のコンビを組み、ともに球団初の世界一に輝いたトレイ・ターナー内野手は失意の動画を投稿。レンドンのTシャツを蹴り飛ばす映像にファンも同情のコメントを寄せている。

 自身のツイッターで失意の動画を公開したのは、今季打率.298、19本塁打、35盗塁の活躍でナショナルズ不動の1番を務めたターナー。2人はターナーがデビューした2015年から5年間に渡って三遊間のコンビを組んだ。今季の開幕前には球団公式ツイッターが「アンソニー・レンドンとトレイ・ターナーはMLBで最高のベストフレンドだ」と投稿するほど仲が良く、ともに球団初の世界一の瞬間も味わった。

 動画では、ターナーがナショナルズのTシャツの並べられたタンスを開けると、「アンソニー・レンドンは私のお気に入りのプレーヤー」と書かれ、レンドンの顔がプリントされたTシャツを発見。それを床に落とすと右足で蹴り飛ばしている。これにはファンからも多くの同情のコメントが書き込まれた。

「オーノー」

「そのシャツいらないのなら、僕がもらうよ」

「泣きそうだよ」

「みんなあなたと同じ気持ちだよ」

「トレイ、君はベイビーだね」

「あなたの心の痛みを感じるわ」

「ハグ」

「トレイ、僕も泣いてるよ」

「そんなTシャツなんか燃やしてしまえ」

「面白い!」

「フアン(ソト)がこれであなたのベストフレンドに昇格」

「Tシャツがすごくきちんと整理されていて驚いた」

 大谷翔平投手、今季ア・リーグMVPのマイク・トラウト外野手にレンドンを加え、6年ぶりのポストシーズン進出を目指すエンゼルス。ワールドシリーズの舞台で親友2人が再会することができるのか注目だ。(Full-Count編集部)