ヤクルト五十嵐は5月28日の対広島戦で史上7人目の800試合登板を達成

 NPBでは今季も多くのマイルストーン(節目の記録)が達成された。今回は投手の節目の記録を、各部門別に見ていこう。

○800試合登板
五十嵐亮太(ヤ)2019.5.28 広島戦(神宮) 5回/中継/7人目

○600試合登板
青山浩二(楽)2019.8.14 ソフトバンク戦(楽天生命パーク) 7回/中継/41人目

○500試合登板
増井浩俊(オ)2019.8.2 西武戦(京セラドーム) 8回/中継/100人目
久保裕也(楽)2019.9.15 オリックス戦(京セラドーム) 6回/中継/101人目

 2018年、岩瀬仁紀(中)が史上初の1000試合登板(最終は1002試合)を記録して引退したが、ヤクルト五十嵐は岩瀬、米田哲也、金田正一、梶本隆夫、小山正明、江夏豊に次ぐ7人目の800試合登板を記録した。来季は41歳になる五十嵐だが、どこまで記録を伸ばすだろうか。登板試合数は、現代のNPBでは救援投手が記録する場合が多い。

○100勝
大竹寛(巨)2019.8.12 広島戦(マツダ) 中継/137人目

 巨人大竹は今季はリリーフとして活躍し、17年目で100勝を記録した。

○150セーブ
増井浩俊(オ)2019.4.19 楽天戦(楽天生命パーク) 14人目
山崎康晃(De)2019.7.17 広島戦(横浜) 15人目

○100セーブ
増田達至(西)2019.9.11 ソフトバンク戦(メットライフ) 32人目

 DeNAの山崎は26歳9か月で達成。これは2009年の永川勝浩(広)の28歳7か月18日を抜く史上最年少記録となった。

日本ハムの宮西は4月13日のロッテ戦で前人未到の300ホールドを達成

○300ホールド
宮西尚生(日)2019.4.13 ロッテ戦(札幌ドーム) 史上初

 日本ハム宮西は、2008年のデビュー以来12年連続で50試合以上登板。すべて救援で投げ、今季、前人未到の300ホールド。2年連続、通算3回目の最優秀中継ぎ投手になった。通算2位は2018年に引退した山口鉄也の273ホールド。宮西はどこまで記録を伸ばすだろうか?

○1000投球回
山口俊(巨)2019.6.29 ヤクルト戦(秋田) 7回/中山翔太/見逃三振/353人目
野村祐輔(広)2019.7.25 中日戦(マツダ) 5回/ロメロ/見逃三振/354人目
大野雄大(中)2019.8.13 阪神戦(ナゴヤドーム) 1回/近本光司/一ゴロ/355人目
小川泰弘(ヤ)2019.9.28 巨人戦(神宮) 1回/岡本和真/中飛/356人目

 巨人の山口は14年目、広島の野村は8年目、中日の大野は9年目、ヤクルトの小川は7年目での大台達成。山口は救援投手だった時期もあり時間がかかっている。

○1000奪三振
菅野智之(巨)2019.5.1 中日戦(東京ドーム) 7回/平田良介/148人目
西勇輝(神)2019.6.21 西武戦(甲子園) 5回/中村剛也/149人目
山口俊(巨)2019.8.12 広島戦(マツダ) 3回/鈴木誠也/150人目

 巨人の菅野智之は、最多奪三振のタイトルを2回獲得している。同僚の山口俊は自身初のタイトルとなる最多奪三振(その他にも最多勝、最高勝率)。(広尾晃 / Koh Hiroo)