小枝守氏は日大三高、拓大紅陵で監督を務め甲子園9回出場、U-18野球日本代表監督も

 2019年も多くの野球人が世を去った。日付順に追いかけていこう。まずは6月まで。

○小枝守(1月21日 67歳)日大三高、拓大紅陵高元監督
 日大三高出身。日大三高、拓大紅陵高合わせて9回甲子園に出場。U-18野球日本代表監督も務めた。教え子に元ヤクルト飯田哲也、日本ハム加藤貴之など。

○倍賞明(1月22日 74歳)日産自動車元監督
 日大三高出身。甲子園で準優勝。日大では66年に大学日本一。鐘紡、日産自動車で選手として活躍。日産自動車の監督も務める。女優倍賞千恵子の弟、倍賞美津子の兄。猪木事務所の社長も務めた。

○ドン・ニューカム(2月19日 92歳)中日元投手、外野手
 1949年、MLB初の黒人投手に。1956年に最多勝。引退していたが1962年中日へ、主に外野手としてプレー。MLB通算149勝90敗7セーブ2154.2回、防御率3.56。NPBでは81試合279打数73安打12本塁打43打点0盗塁、打率.262

○丸山博(3月 87歳)プロ野球元審判員
 上田松尾高から1957年セントラル・リーグ審判部に。王貞治がハンク・アーロンの記録を抜く715本塁打を打った試合の主審。セントラル・リーグ審判部副部長も務めた。

○喰田孝一(3月6日 84歳)東筑高元監督
 東筑高時代は捕手として投手仰木彬とバッテリーを組み、夏の甲子園に出場。社会人野球を経て母校の監督となり、30年以上監督を務める。教え子に元広島の高信二など。

○東久邇信彦(3月20日 74歳)全日本野球会議名誉会長
 旧皇族東久邇宮家。昭和天皇の初孫。今上天皇の従弟にあたる。プロ・社会人・学生・軟式野球の4組織が日本野球界全体について協議する全日本野球会議の名誉会長を務めた。

近藤昭仁氏はNPB通算1619試合4862打数1183安打、65本塁打360打点148盗塁、打率.243

○近藤昭仁(3月27日 80歳)大洋元内野手
 高松一高、早稲田大学を経て大洋に入団。名内野手として活躍。NPB通算では1619試合4862打数1183安打65本塁打360打点148盗塁、打率.243。オールスター出場2回。横浜、ロッテの監督も務めた。

○リロイ・スタントン(3月13日 72歳)阪神元外野手
 メッツ、エンゼルス、マリナーズを経て1979年に阪神でプレー。MLB通算829試合2575打数628安打77本塁打358打点36盗塁、打率.244。 NPBでは121試合457打数103安打23本塁打58打点0盗塁、打率.225。交通事故で死亡。

○斎藤章児(4月4日 79歳)立教大学元監督
 立教高、立教大、ヤシカを経て東京農大二高監督に。甲子園に6回出場。2000年に立教大学監督に就任。教え子に元日本ハムの多田野数人など。

○ジーン・スチブンス(4月27日 86歳)中日元外野手
 レッドソックス、オリオールズ、アスレチックス、ホワイトソックスでプレー。1966年に中日に入団。MLB通算964試合1913打数460安打37本塁打207打点27盗塁、打率.240。NPBでは109試合232打数52安打5本塁打29打点3盗塁、打率.224。

○青木勝男(5月16日 73歳)広島元捕手
 飯塚商、山門鉄工所を経て1965年広島入団。引退後は飲食店を営み広島ナインと交流があった。NPB通算10試合13打数2安打0本塁打0打点0盗塁、打率.154。

○小玉明利(5月19日 83歳)近鉄、阪神元内野手
 神崎工を中退して近鉄に。近鉄の三塁手として14年にわたって活躍。近鉄のプレイングマネージャーも務める。その後阪神でもプレー。NPB通算1946試合6875打数1963安打130本塁打788打点135盗塁、打率.286。ベストナイン5回、オールスター出場9回。近鉄での通算1877安打は球団歴代1位。

○坂上惇(6月29日 84歳)西鉄、大映元投手
 玉名高から西鉄に。主に救援投手として活躍。NPB通算13勝14敗317.1回、防御率2.72。(広尾晃 / Koh Hiroo)