巨人の戸郷は2試合に投げ1勝0敗で御率2.08、CSファイナル第3戦にも先発

 昨季はセ・リーグはヤクルトの村上宗隆内野手が、パ・リーグはソフトバンクの高橋礼投手が新人王を受賞した。両者ともにプロ2年目での受賞だが、新人王は支配下登録されてから5年以内、投手なら30イニング以内、打者なら60打席以内が選出の条件となる。ルーキーだけでなくチャンスがあるこの賞を、今年は誰が手にするのか。主なセ・リーグの有資格者を見ていこう。(すべて通算成績)

○阪神
・馬場皐輔投手(3年目) 4試合、12回、0勝1敗、防御率6.75
・齋藤友貴哉投手(2年目) 1試合、2回、0勝0敗、防御率.000
・島田海吏外野手(3年目) 19試合、42打席、0本塁打1打点、打率.205

 齋藤はプロ1年目の昨季、1軍で1試合に登板し、3四球を出しながら2回無失点に抑えた。ファームでは33試合に登板して1勝2敗、防御率3.82、チームトップの8セーブをマーク。17年ドラフト1位の馬場は昨季、1軍では2試合登板となったがファームでは19試合に登板し、5勝7敗、ウエスタン2位の防御率3.17の好成績を残した。

○ヤクルト
・清水昇投手(2年目) 11試合、26回、0勝3敗、防御率7.27
・寺島成輝投手(4年目) 5試合、9回、0勝1敗、防御率12.00
・浜田太貴外野手(2年目) 2試合、5打席、0本塁打0打点、打率.000

 ドラフト1位で入団した清水は1年目の昨季、1軍で11試合に登板。2軍では17試合で5勝9敗、防御率4.48とした。16年ドラフト1位の寺島も資格保有者。高校通算45本塁打をマークした浜田は昨季、高卒1年目ながらファームで105試合に出場し、打率.254、8本塁打、52打点、11盗塁と結果を残した。

○巨人
・戸郷翔征投手(2年目) 2試合、8回2/3、1勝0敗、防御率2.08
・高田萌生投手(4年目) 3試合、7回、0勝1敗、防御率11.57
・山下航汰外野手(2年目) 12試合、13打席、0本塁打0打点、打率.167

 戸郷は高卒1年目の昨季、勝てば5年ぶりのリーグ優勝が決まる大舞台でプロ初登板初先発。勝敗はつかなかったが5回途中2失点で勝利に貢献。さらに阪神とのCSファイナルステージ第3戦にも先発した。高田はプロ2年目の18年にイースタンで投手3冠。山下は18年育成1位で入団するも2軍で好成績を残し7月に支配下登録。2軍では打率.332、7本塁打、40打点の好成績で、高卒1年目では1992年の鈴木一朗(イチロー)以来のファーム首位打者に輝いた。

中日の根尾は1軍で昨季2打席を経験も無安打、今季ブレークなるか?

○広島
・島内颯太郎投手(2年目) 25試合、28回2/3、0勝0敗、防御率4.40
・山口翔投手(3年目) 9試合、26回、1勝3敗、防御率4.85
・中村奨成捕手(3年目) 1軍出場なし

 山口は17年ドラフト2位で入団。プロ2年目の昨季は救援で1軍初登板を果たすと、初先発となったヤクルト戦では7回2死まで無安打投球でプロ初勝利を挙げた。中村奨は高校通算45本、17年夏の甲子園では新記録となる大会6本の本塁打を放ち“強打の捕手”として期待されたが、怪我などもありここまで1軍出場はなし。

○中日
・勝野昌慶投手(2年目) 3試合、16回1/3、1勝2敗、防御率6.06
・根尾昂内野手(2年目) 2試合、2打席、0本塁打0打点、打率.000

 勝野は1年目の昨季、5月24日のヤクルト戦で初勝利をマークしたが、1軍登板3試合で1勝2敗に終わった。18年のドラフトで4球団競合の末に中日に入団したゴールデンルーキーの根尾は新人合同自主トレ中の怪我で出遅れ、ファームでもプロの投手に苦戦を強いられた。

○DeNA
・齋藤俊介投手(3年目) 16試合、25回、0勝1敗、防御率5.76
・桜井周斗投手(3年目) 14試合、16回2/3、0勝0敗、防御率4.86
・伊藤裕季也内野手(2年目) 21試合、57打席、4本塁打7打点、打率.288

 齋藤はプロ入り1年目の18年はキャンプで右肘を痛め、7月には右肩のクリーニング手術と出遅れた。しかし昨季は7月に1軍デビューを飾ると、中継ぎとして16試合に登板し頭角を現した。桜井もプロ入り2年目の昨季、2軍で18試合を投げて防御率1.61の好成績を挙げると1軍に初昇格。9月27日の巨人戦では初先発し、2回を無安打3奪三振1四球と好投した。伊藤裕は昨季8月に1軍初昇格し、10日の中日戦で「5番・二塁」でスタメン初起用となると2打席連続本塁打を放つ大活躍。2か月で4本塁打を放ったパワーが今季、どう発揮されるのか期待が高まる。(Full-Count編集部)