西武はパ・リーグ6球団で唯一、開幕スタメンが初となる選手がいなかった

 シーズン初戦に投げる投手には「開幕投手」という称号が与えられるのと同様に、開幕戦の先発メンバーに名を連ねると「開幕スタメン」と呼ばれる。開幕投手同様、野手としての栄えある称号であるとともに、チームの期待の表れとも言える。

 そこで今回は、2019年に「プロ初の開幕スタメン」を手にした選手たちに注目。チームからの期待を受け、1年の始まりに抜てきされた選手たちがどのような成績を残したのか、球団別に紹介していきたい。なお、今回は日本人選手のみの紹介とする。

【西武】
○なし

 埼玉西武では初の開幕スタメン入りを果たした選手はいなかった。浅村栄斗(楽天)、炭谷銀仁朗(巨人)と2018年のメンバーが2人抜けて迎えた開幕だったが、外崎修汰外野手が右翼から二塁、森友哉捕手が指名打者から捕手へ、それぞれポジションを変えて穴を埋めた。特に森は、プロ入り後初となる捕手での開幕スタメン出場を果たし、正捕手としてシーズンをスタートした。

【ソフトバンク】
○牧原大成内野手
114試合409打数99安打3本塁打27打点10盗塁
打率.242 出塁率.267 OPS.575

 2018年の後半からブレイクを果たすと、今季は「1番・二塁」で開幕スタメンを勝ち取った。西武との開幕3連戦では15打数5安打と切り込み隊長の仕事を果たすも、6月初めに登録抹消。7月に再び1軍へ戻ると、上位、下位を問わず多様な打順をこなし、試合数や安打、盗塁といった成績でキャリアハイを記録。内外野を問わない守備や俊足で、強力打線のアクセントとして活躍した。

2018年に新人王となった楽天田中は怪我に泣かされる

【楽天】
○田中和基外野手
59試合160打数30安打1本塁打9打点3盗塁 
打率.188 出塁率.298 OPS.567

 2018年は2年目ながら105試合に出場し18本塁打21盗塁で新人王に輝いた田中はプロ3年目の今季、初めての開幕スタメン入りを果たした。3・4月は主に1番や9番といった打順でスタメン出場を続けていたが、5月に右手の骨折が判明し、7月初旬までの長期離脱を強いられた。その後も1軍と2軍を行き来するシーズンとなり、成績を大幅に落としてしまった。捲土重来を期す今季、俊足スイッチヒッターの復活に期待がかかる。

○オコエ瑠偉外野手
52試合110打数20安打3本塁打15打点5盗塁 
打率.182 出塁率.242 OPS.542

 4年目で初めて開幕戦のラインナップに名を連ねたオコエ。開幕2戦目に早速初安打を放ったものの、4月、5月となかなか調子が上がらず、6月10日に登録抹消された。しかし、ファームで調子を上げ、チームが3位争いの渦中にいた9月に1軍昇格。限られた出場機会のなかで打率.263と成績を残して成長を示した。ドラフト1位の期待を背負った大器は、飛躍に向けて着実にステップアップしている。

【ロッテ】
○藤原恭大外野手
6試合19打数2安打0本塁打2打点0盗塁 
打率.105 出塁率.105 OPS.211

 1965年、前身の東京オリオンズ時代の山崎裕之氏以来、球団史上54年ぶりとなる「高卒新人開幕スタメン」を勝ち取った藤原。史上初の開幕戦安打も記録し、華々しいキャリアのスタートとなった。4月7日に登録を抹消され、その後はシーズン終了までファームで修練を積んで4本塁打16盗塁を記録した。歴史に名を刻んだ大型新人は、千葉ロッテの未来を担う存在となるか。

【日本ハム】
○淺間大基外野手
13試合29打数6安打0本塁打1打点0盗塁 
打率.207 出塁率.345 OPS.578

 5年目にして自身初となる開幕スタメンをつかみ「1番・三塁手」として出場した淺間。4月下旬に右すねの骨挫傷が判明し、長期離脱を強いられることになった。8月にファームで実戦復帰を果たすと、9月には再び1軍に昇格。キャリア最少の出場数に終わった昨季のリベンジを狙い、2年連続の開幕スタメンをつかみに行く。

○石井一成内野手
76試合196打数44安打4本塁打22打点2盗塁 
打率.224 出塁率.282 OPS.649

 ルーキーイヤーの2017年から117試合に出場していたが、開幕スタメンは初めてだった石井。だが、開幕から出場3試合で10打数無安打となると、4月5日にファームでの再調整を余儀なくされた。その後は1軍と2軍を行き来することに。7月と9月には.290を超える打率を記録して、バットでのアピールに成功した。田中賢介選手が引退し、内野のポジション争いが激しくなる今季に向け、再びのスタメン入りを虎視眈々と狙う。

オリックスは6球団で最多の4選手が初の開幕スタメン入り

【オリックス】
○福田周平内野手
135試合492打数123安打2本塁打38打点30盗塁 
打率.250 出塁率.342 OPS.651

 プロ入り2年目にして主将を任され、開幕戦でも「1番・二塁手」としてチームの先陣を切った福田。一時的な登録抹消こそあったものの、年間を通してチームを引っ張り、自身最多となる135試合に出場した。走攻守に気迫溢れるプレーが光った昨季を経て、今季はチ6年ぶりのAクラス入りに臨む。

○西浦颯大外野手
77試合220打数43安打1本塁打18打点8盗塁 
打率.195 出塁率.239 OPS.494

 高卒2年目ながら、自身初の開幕スタメン入りを果たした西浦。3、4月で外野の一角としてポジションをつかむと、上位打線の一角として打線に定着した。しかし、5月、7月と故障による離脱が相次ぎ、キャリアハイではあるものの、77試合の出場にとどまった。シーズン序盤の活躍は確かなものがあっただけに、今季はコンディションを整えて1年通じての出場を果たしたいところだ。

○頓宮裕真内野手
28試合91打数18安打3本塁打10打点0盗塁 
打率.198 出塁率.204 OPS.556

 新人として唯一開幕スタメンを勝ち取った頓宮は、開幕戦から2安打2打点と結果を残して鮮烈なデビューを飾った。4月18日の日本ハム戦でプロ初本塁打を記録するなど、順調なステップを踏んでいたが、6月に右足の骨折が判明。シーズン終盤に怪我から復帰したが、1軍復帰はならなかった。期待のかかる大砲候補だけに、今季は飛躍の年としたいはず。1年を通して一軍での雄姿を見せたいところだ。

○小田裕也外野手
82試合180打数37安打3本塁打21打点9盗塁 
打率.206 出塁率.275 OPS.581

 社会人卒の5年目、30歳を迎える年に初の開幕スタメン入りを果たした小田。開幕2戦目にマルチ安打を放つなど結果を残したが、4月7日に左足を痛めて登録抹消となった。それ以降なかなか成績が上がらず、1軍と2軍を行ったり来たり。自身最多の3本塁打を放ったが、打率.206でシーズンを終え、安打数も昨年を下回るなど、悔しいシーズンとなった。台頭する若手との争いも激しくなる2020年の活躍に期待したい。

 2019年はパ・リーグ6球団で10人の選手がプロ初の「開幕スタメン」に抜てき。進境を示した選手がいる一方で、田中や西浦のように、多くの選手が怪我に泣かされる1年となった。栄えある開幕スタメンに選ばれた経験は今後に必ず生きるはず。彼らの活躍に期待するとともに、2020年に新たにその称号を手に入れる選手の台頭を楽しみにしたい。(「パ・リーグ インサイト」成田康史)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)