鴻江寿治トレーナーが主宰する「鴻江スポーツアカデミー」の合同自主トレに参加

 ソフトボール女子日本代表の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が18日、福岡・久留米市内で自主トレを行った。

 例年参加している鴻江寿治トレーナーが主宰する「鴻江スポーツアカデミー」の合同自主トレに今年も参加。ソフトバンクの千賀滉大投手や川原弘之投手、巨人の菅野智之投手らと共に練習し、映像を用いて投球フォームの確認などを行った。練習後には「体の使い方の方向性をハッキリ明確に、やるべきことを見つけた感じ」と自主トレの手応えを口にした。

 千賀や菅野というプロ野球界を代表する投手たちとも交流し「野球とソフトボールでは競技は違いますけど、体の使い方、持って行き方は同じ。引き出しが増えたなと思います。直接自分のピッチングに関係することはないけど、教える立場からすれば幅広くアプローチできそうだなと思いました」と語った。

 夏の東京五輪に向けては「私にとって集大成として迎えたい。まだ、もっといいボールを投げられる感覚があるので、期待に応えられるピッチングをしたい」と意気込み、金メダル獲得を目標に掲げていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)