オリオールズは2016年に7年総額約177億円でデービスと契約した

 ア・リーグ東地区で3年連続最下位に沈むオリオールズには“不良債権化”が懸念される元大砲がいる。33歳のクリス・デービス内野手は2016年から7年総額1億6100万ドル(約177億3500万円)の大型契約を結んだ。

 今季年俸は2300万ドル(約25億3400万円)で2022年まで総額6900万ドル(約76億円)の契約を残している。しかし、昨季成績は105試合で打率.179、12本塁打に終わった。地元紙「ボルチモア・サン」は「あれから4年経った今も、クリス・デービスの高額な契約が球団に影響を与えている」とのタイトルで、デービスを持て余しているチームの苦悩を伝えている。

 「ボルチモア・サン」は、毎年冬になると新しいFAの高額契約が多く出るが、オリオールズはそのようなことはあまりできないと言及。4年前に一塁手のクリス・デービスと7年1億6100万ドルで契約を結んだが、それは、このような大型契約が失敗するかもしれないことに対してのよい教訓となったと指摘した。

 記事は「30歳を超えた打者に対して、このような契約を結ぶことはしばらくはないだろう」とし、「契約が行われた時点で、デービスは安定性には欠けたところもあったが、恐ろしい打者だった」と振り返っている。

2013年に本塁打&打点の2冠王、15年に2度目の本塁打王

 2006年にレンジャーズに入団したデービスは08年にメジャーデビューして11年途中にオリオールズへ移籍。13年に53本塁打&138打点で2冠王、15年にも47本で2度目の本塁打王に輝いた。

 記事は「彼がFAとなったとき、主要打者の1人だった」とし、「代理人のスコット・ボラスを相手に、つり上げられた金額でデービスをボルチモアにキープした時、オリオールズはプレーオフとチャンピオンシップに必要な実績ある選手を若きロースターの中に加えたと考えていた。もちろん実際にはそうならなかった」と伝えている。

 大型契約を結んだ16年以降の本塁打数は38→26→16→12本と年々減少。打率も.221→.215→.168→.179と目を覆いたくなるような数字が並ぶ。

 記事によると、オリオールズのマイク・エリアス副社長兼GMはデービスの契約が2022年まで続くことを「深刻に受け止めるべきだ」と何度も語っている。エリアス氏はウインターミーティングで「今年のチームへのアプローチはこれまでと異なると」語った。記事は、エリアス氏はデービスの問題を理解しており、「変化が必要」だと確実に感じているようだと伝えている。

 一方でエリアス氏は「我々は、彼が良くなるように協力したいと思っている」とも語っているという。

 契約は残り3年。年々成績が下降するデービスに復活の余地はあるのか。球団も地元メディアも年俸約25億円男の今季に注目している。(Full-Count編集部)