神宮大会枠を含む一般枠は29校、21世紀枠からは3校が選出される

 第92回選抜高校野球大会の出場32校は24日に発表される。神宮大会枠を含む一般枠は29校、21世紀枠は3校が選出される。ここでは直前に迫った選抜出場校32校を予想する。

【北海道・1枠】白樺学園(北海道)

 昨秋の北海道大会で優勝した白樺学園の出場が決定的。決勝では札幌日大に逆転勝ちするなどチーム打率.403と打撃が売り。昨秋の明治神宮大会でも国士館を相手に4-3で勝利し1勝をマークしている。

【東北・2枠】仙台育英(宮城)、鶴岡東(山形)

 昨秋の東北大会を制した仙台育英、準優勝の鶴岡東が出場濃厚。3年ぶりに東北王者に輝いた仙台育英は昨夏の甲子園を経験した1年生左腕・笹倉世凪、背番号「8」の左腕・向坂優太郎ら強力な投手陣を形成。鶴岡東は東北大会決勝では8-11で敗れたが粘り強い打線で41年ぶり2度目の選抜出場を狙う。

【関東、東京・6枠】 健大高崎(群馬)、山梨学院(山梨)、東海大相模(神奈川)、桐生第一(群馬)、国士館(東京)花咲徳栄(埼玉)

 関東大会優勝の健大高崎、準優勝の山梨学院、ベスト4の東海大相模、桐生第一、そして東京大会優勝・国士館の5校は当確といっていいだろう。残り1校は関東大会で準優勝の山梨学院に1-2と僅差の勝負で敗れた花咲徳栄を推す。高校通算43発の井上朋也を軸に強力打線で最後の一枠に滑り込みたい。

【北信越・2枠】星稜(石川)、日本航空石川(石川)

 北信越大会で圧倒的な強さを見せ優勝した星稜、準優勝の日本航空石川が濃厚。4季連続Vの星稜は萩原吟哉、寺西成騎のダブルエースが君臨。打線も甲子園経験者の4番・内山壮真が引っ張る。日本航空石川は身長190センチの大型右腕で最速147キロの嘉手苅浩太に注目だ。

21世紀枠では“高専”初となる甲子園出場なるか、注目が集まる

【東海・3枠】中京大中京(愛知)、県岐阜商(岐阜)、加藤学園(静岡)

 東海王者の中京大中京が明治神宮大会で優勝し1枠プラスとなった。中京大中京は東海大会全3試合で28得点と打線が大爆発。特に1番・西村友哉は11打数7安打、1本塁打と驚異の成績を残した。県岐阜商は1年生捕手の高木翔斗に注目。“神宮枠”には準決勝で県岐阜商に延長10回サヨナラ負けの接戦を演じた加藤学園が有力。

【近畿・6枠】天理(奈良)、大阪桐蔭(大阪)、履正社(大阪)、智弁学園(奈良)、明石商(兵庫)、智弁和歌山(和歌山)

 近畿大会優勝の天理、準優勝の大阪桐蔭、ベスト4の履正社、智弁学園は当確。残り2枠にはスラッガー・来田涼斗、151キロ右腕のエース・中森俊介が君臨し準々決勝で大阪桐蔭に3-4で惜敗した明石商、最後の一枠は準々決勝の智弁学園戦で13−17の打撃戦の末敗れた智弁和歌山。

【中国、四国・5枠】倉敷商(岡山)、鳥取城北(鳥取)、明徳義塾(高知)、尽誠学園(香川)、広島新庄(広島)

 中国大会優勝の倉敷商、準優勝の鳥取城北、四国大会優勝の明徳義塾、準優勝の尽誠学園は当確。残り1枠を中国、四国で争うが中国大会で優勝校の倉敷商に準決勝で延長11回の末4-7で敗れた広島新庄が有力だ。

【九州・4枠】明豊(大分)、大分商(大分)、創成館(長崎)、鹿児島城西(鹿児島)

 九州大会優勝の明豊、準優勝の大分商、ベスト4の創成館、鹿児島城西の4校で決まり。ダイエー、西武などで活躍し通算1599安打を誇った佐々木誠監督が率いる鹿児島城西は選抜出場となれば春夏通じて初の甲子園出場となる。

【21世紀・3枠】磐城(福島)、平田(島根)、近大高専(三重)

 21世紀枠はまず東日本、西日本から1校ずつ選出され最後にもう1校が選出される。東北大会ベスト8入りの磐城を推す。文武両道の進学校でメンバー20人で東北大会2勝、さらに台風19号の被害にも負けずボランティア活動にも積極的に参加。次は中国大会ベスト8の平田。昨年は補欠校となりもう一歩のところで選抜出場を逃したが、野球普及活動も行うなど野球人口拡大にも貢献。

 最後の一枠は三重大会を優勝し東海大会では加藤学園に延長10回4-5で敗れた近大高専。“高専”初の甲子園出場という話題性も大きな武器になる。(Full-Count編集部)