西武一筋の栗山は球団安打記録、中村は球団本塁打記録を保持している

 かつて一世を風靡した「平成の怪物」が、14年ぶりに所沢の地へ帰ってきた。松坂大輔投手は1999年に西武入団。高卒1年目から3年連続で最多勝のタイトルを獲得する離れ業を演じ、8年間にわたってエースとして活躍した。

 松坂が2006年オフにチームを離れてから今オフに古巣に復帰するまで、干支が一回り以上するほどの長い年月が流れた。当然ながら、当時とは多くの事象が変化している。だが、その一方で、当時から今までライオンズ一筋でプレーを続けている選手もまた存在するのだ。

 今回は、松坂前回が在籍していた2006年に西武の一員だった選手の現在や、現役時代に松坂と共にライオンズでプレーした経験のある西武コーチ陣を紹介。過ぎ去った年月に思いをはせるとともに、「平成の怪物」の復活に期待を寄せたい。

 松坂が前回在籍した2006年に西武に在籍していた選手のうち、現在に至るまで移籍することなくプレーを続けている選手は栗山巧外野手と中村剛也内野手の2人。36歳となった昨季も主力としてチームのリーグ連覇に貢献した両ベテランの2006年の成績を見ていこう。

○栗山巧外野手
2006年成績:63試合 142打数38安打 2本塁打 22打点 3盗塁 打率.268 出塁率.350 OPS.730

 22歳で迎えた2005年に84試合で10本塁打、打率.297、OPS.812と活躍したが、2006年はやや成績を落とす苦しいシーズンに。それでも、2008年には138試合に出場して11本塁打、打率.317と好成績を残してレギュラーの座をつかみ、167安打で自身初タイトルとなる最多安打も手にした。その後は長年にわたって外野のレギュラーとして活躍を続け、今や球団安打記録(昨季まで通算1825安打)を保持する獅子のレジェンドとなっている。

○中村剛也内野手
2006年成績:100試合 283打数78安打 9本塁打 29打点 4盗塁 打率.276 出塁率.359 OPS.787

 同い年の栗山同様に、中村も2005年に80試合で22本塁打、OPS.923と活躍したが、2006年は伸び悩んだ。2008年に一躍大ブレークを果たしたのも同様だった。46本塁打、101打点、OPS.889の大活躍で本塁打王を獲得すると、計6度の本塁打王、4度の打点王、歴代最多20本の満塁本塁打、球団の通算本塁打記録(昨季まで415本塁打)の更新と数々の快挙を成し遂げ、球史にその名を刻む名選手となっている。

 2006年に西武に在籍し、今季もNPBでプレーを続ける選手は、栗山と中村も含めて7人。西武以外の球団に在籍している5選手についても2006年の成績を振り返っていきたい。

西武以外のNPB球団でプレーするのは涌井、炭谷、中島ら5選手

○涌井秀章投手(楽天)
2006年:26試合 12勝8敗 178回 136奪三振 防御率3.24

 高卒ルーキーだった2005年は13試合で1勝6敗、防御率7.32とプロの壁に直面したが、2年目の2006年に本領発揮。20歳の若さで一級品の成績を残すと、翌2007年には17勝10敗、防御率2.79で最多勝を獲得。松坂の背番号「18」を受け継いだ2009年には最多勝と沢村賞を受賞し、名実ともに獅子のエースとして君臨した。新天地で迎える2020年は、新旧エースの投げ合いが実現する可能性にも期待したい。

○田中靖洋投手(ロッテ)
2006年:1軍登板なし

 2006年がルーキーイヤーだった田中は高卒1年目ということもあり1軍登板はなし。2軍でも1試合に登板して1イニングを投げたのみで、鍛錬の日々を送っていた。その後は怪我に悩まされたこともあり1軍に定着できず、2015年に戦力外通告を受けてロッテに移籍。新天地で1軍の登板機会を増加させ、2019年には44試合で防御率2.72と、プロ14年目にしてキャリアハイの成績を記録している。

○細川亨捕手(ロッテ)
2006年:99試合 266打数53安打 7本塁打 27打点 0盗塁 打率.199 出塁率.252 OPS.587

 細川はプロ2年目の2003年から西武の主戦捕手に定着。2006年は故障もあって3年ぶりに出場試合が100試合未満となったが、松坂が先発した試合の大半で先発マスクを被り、好リードでエースを盛り立てた。その後も2010年に移籍するまで故障離脱した期間を除いて正捕手の座を譲らず、2008年の日本一にも貢献。その後はソフトバンク、楽天、ロッテとパ・リーグの球団を渡り歩きながら、息の長い現役生活を送っている。

○炭谷銀仁朗捕手(巨人)
2006年:54試合 138打数25安打 3本塁打 14打点 0盗塁 打率.181 出塁率.193 OPS.483

 炭谷は2006年に高卒1年目ながら開幕戦のスタメンに抜擢されたが、開幕前に行われたWBCの影響もあり、この年の開幕投手は松坂ではなく西口文也。開幕戦でエースとバッテリーを組むことはかなわなかった。それでも、松坂のシーズン初登板となった試合で先発マスクを被り、細川が負傷離脱した終盤にもコンビを組んだ。細川が移籍してからは正捕手に定着し、2019年に移籍するまで主力としてチームを支え続けた。

○中島宏之(当時裕之)内野手(巨人)
2006年:105試合 412打数126安打 16本塁打 63打点 14盗塁 打率.306 出塁率.368 OPS.849

 中島は2004年に松井稼頭央の後釜として遊撃のレギュラーに抜擢されると、27本塁打、90打点、打率.287、OPS.853と大ブレーク。翌2005年にはやや成績を落としたが、2006年には故障もありながら自身初の打率3割超えを果たし、確実性を大きく向上させた。そこから5年連続で打率3割以上を記録し、リーグ屈指の大型遊撃手としての地位を確立。2012年に移籍するまで打線をけん引し続け、中心選手として躍動した。

西武のコーチ陣の多くが、現役時代に松坂と共闘した

 2006年から現役を続けている選手たちが減少する一方で、当時を知るコーチの数は徐々に増加している。現在の西武コーチ陣は球団OBがその大半を占めており、中には松坂と同時期に、ライオンズをさまざまな役割で支えてきた選手も多く存在している。

 松坂が西武に在籍した1999年から2006年で、選手として同球団でプレーした経験を持つコーチは以下の通りだ。(役職名は2020年シーズンのもの)

豊田清氏:1軍投手コーチ
西口文也氏:1軍投手コーチ
赤田将吾氏:1軍打撃コーチ
黒田哲史氏:1軍内野守備・走塁コーチ
小関竜也氏:1軍外野守備・走塁コーチ

松井稼頭央氏:2軍監督
許銘傑氏:2軍投手コーチ
杉山賢人氏:2軍投手コーチ
平尾博司氏:2軍打撃コーチ
野田浩輔氏:2軍バッテリーコーチ
高木浩之氏:2軍内野守備・走塁コーチ
佐藤友亮氏:2軍外野守備・走塁コーチ
上本達之氏:2軍育成コーチ

田邊徳雄氏:3軍統括コーチ
青木勇人氏:3軍投手コーチ

 球団公式サイトに記載された21人のスタッフのうち、実に15人が松坂と同僚だった。松坂が入団するまでエースを務め、入団後は共に先発陣の主力としてリーグ屈指の2枚看板を形成した西口コーチや、球界最高クラスのクローザーとして2年連続で最優秀救援投手を獲得し、松坂にも幾度となく白星をもたらしてきた豊田コーチと松坂が再会する構図は、古くからのファンにとっては印象深いものかもしれない。

 ほか、2004年の開幕戦で松坂と先発バッテリーを組んだ野田コーチ、1990年代終盤から2000年代前半にかけて西武の主力として活躍した松井2軍監督、小関コーチ、高木コーチ、佐藤コーチといった面々も在籍。とりわけ、松坂とは同期入団の同い年であり、2004年から松坂が退団する2006年まで3年間外野のレギュラーとして活躍した赤田コーチは松坂との縁もひときわ深い存在と言えそうだ。

 かつて球界を席巻した「松坂世代」も、今年でその大半が40歳の大台を迎えることになる。この世代の中で現在もNPBで現役を続けているのは松坂、和田毅投手(ソフトバンク)、久保裕也投手と渡辺直人内野手(ともに楽天)、藤川球児投手(阪神)の5人のみだ。世代の中心として長きにわたってトップランナーを務めてきた松坂は、不惑のシーズンに不死鳥のごとく復活を果たせるだろうか。

 そのためにも、大ベテランとして古巣に帰還して迎える新たなシーズンは文字通り不退転の1年となることだろう。若かりし頃にともに切磋琢磨し、リーグ優勝と日本一の歓喜も共有した盟友たちのもとで、「平成の怪物」が令和の時代に再び輝きを放つ姿を、今一度見せてほしいところだ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)