西崎幸広氏のインタビューに答える「自主トレでも結構投げてきた」

 14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手が、宮崎・南郷キャンプで順調な調整を続けている。スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」の「12球団キャンプキャラバン」に登場し、「すごい雰囲気はやりやすいです」と胸中を明かした。

“平成の怪物”を一目見ようと、キャンプ初日にはファン2500人、報道陣102人が集結。熱視線を浴びる中、キャッチボール、筋力トレーニングなどと汗を流した松坂。「12球団キャンプキャラバン」では、新人時代に西武に在籍していた先輩の西崎幸広氏のインタビューを受けている。

「ようこそ。おかえりなさいって感じかな?」と聞かれた右腕は「 そうですね。よく言ってもらってます。ありがたいです」と笑顔。「(選手で)一緒にやってたのがクリ(栗山)とおかわりくん(中村)の2人しかいない」と明かしつつ、「首脳陣、裏方さんと知っている人ばっかりなんで、すごく雰囲気はやりやすいです」と話した。

 昨季は故障に苦しみ、わずか2試合の登板に終わった。2年間在籍した中日を退団し、14年ぶりに古巣へ。背番号16で新たなスタートを切る。日米通算170勝。「自主トレでも結構投げてきた」というベテラン右腕は今年、いくつの勝ち星を積み上げられるだろうか。(Full-Count編集部)