「1番・中堅」でフル出場、9回に右翼防球ネット直撃の特大弾

 ロッテは8日、キャンプ地の沖縄・石垣島で今年初の対外試合となる台湾プロ野球・楽天モンキーズ戦に臨み、20-4(特別ルールで9回裏まで実施)で大勝を収めた。2年目の藤原恭大外野手は「1番・中堅」で先発。9回裏に特大3ランを放つなど6打数4安打3打点と打ちまくったほか、守備でも大飛球を背走してキャッチするなど、攻守に活躍。19歳は「イメージするバッティングに徐々に近づいている」と自信をのぞかせた。

 衝撃の一打だった。17-4と大量リードし、9回2死一、二塁で迎えた打席。カウント3-0から、藤原は内角寄りのボールを強振した。ソフトバンクの柳田を彷彿とさせるフルスイング! 態勢を崩すほどマン振りした打球は、右翼席の防球ネット上段に激突。外野席に陣取ったファンも思わず見上げる特大アーチになった。

「自分の形で打てた打席が多かった。(本塁打は)完璧な当たり。自信になりました。自分のイメージするバッティングに徐々にですけど近づいていると思います」

 昨季は開幕スタメンも僅か6試合で2軍降格。2年目の今季はトップの位置を下げる新フォームで臨んでいる。「本当にすごく変えた。振ってる感触も、ボールを捉えるポイントも違う。前よりいい感触ですね。打ち損じが少なくなり1球で仕留められるようになってきた。それが(試合でも)できたのは大きな収穫です」。

5回には超美技、大飛球を背走してキャッチした

 2日前からコーチの助言で意識も変えた。「ボールの内側叩く意識でやっている。常に逆方向のイメージです」。内角球をとらえた本塁打もその成果が出た。ボールの内側を叩く意識だったからこそファウルにならずフェアゾーンへ。「これまでは引っ張る意識でしたが、引っ掛けるのではなく、内から出すイメージです」とうなずいた。

 9回の本塁打を含めて4安打と打ちまくった藤原は守備でも魅せた。5回、先頭打者が放った打球は風にも乗って大飛球となったが、藤原が背走。最後はフェンス手前の“ウォーニングゾーン”で強風に流される打球に食らいつき、体を投げ出すようにしてキャッチした。フェンス際での超美技にスタジアムからはどよめきが上がった。

「風があったので打った瞬間目を切って走って、しかもエラーすることなくキャッチできて。練習の成果が出たと思います」

 攻守に輝きを放った19歳は、2年目の決意を口にした。「外野手はすごく激しい争いですが、そこに食い込んでいけるような選手になりたい。2年目ですけど、試合に出るという気持ちでやっていきます」。

 ロッテの外野陣は群雄割拠。ソフトバンクから福田秀平が加入し、昨年のベストナイン荻野が健在で、首位打者2度の角中、助っ人マーティンに、清田や岡らが定位置を争う。ハイレベルな争いに勝ち残ることができるか、進化を遂げる藤原に注目だ。(Full-Count編集部)