フェニックスリーグで「20.25」、アジアウインターリーグで「17.74」をマークした奪三振率

 鷹の“新ドクターK”が、ついに育成枠を卒業して支配下登録された。ソフトバンクの尾形崇斗投手。3月16日に本拠地PayPayドームで喜びの会見に臨んだ。

 尾形は宮城県出身。福島・学法石川高から2017年育成ドラフト1巡目で入団した。昨年までの2シーズンで2軍公式戦の登板は5試合のみと、実績だけを見ればゼロに等しい。しかし、ホークスには3軍がある。独立リーグや社会人チームなどと行う非公式戦で25試合に登板し3勝1敗、防御率1.84。なかでも58.2投球回に対して86奪三振と特筆すべき数字を残した。

 その後、秋季教育リーグ「フェニックスリーグ」ではNPBの期待の若手たちを相手に1段階上の投球。計6試合で8イニングを投げて1安打無四球無失点、そして18奪三振をマークした。実に24アウトの75%を三振で取り、奪三振率に換算して「20.25」という異次元の数値を叩き出したのだった。台湾でのアジアウインターリーグでは10試合で防御率0.77、11回2/3で23三振、奪三振率は「17.74」と、また好成績を残してみせた。

 ここまでくれば立派な実績だ。今春の宮崎キャンプでA組に抜擢されると、オープン戦もフル帯同した。5試合に登板して1勝0敗、防御率0.00。奪三振率は「5.73」のやや控えめだったが、無失点投球が光った。最終戦だった15日のカープ戦(マツダスタジアム)では先発を任されて4回1安打無失点と満点投球を見せた。

 尾形はなぜ、三振を多く奪えるのか。その秘密はストレートにある。

「僕の場合、ボールを離す瞬間も手首がまっすぐ立っているんです」

 球速は150キロに迫る。確かに速いが、答えはスピード表示ではない。藤川球児の「火の玉ストレート」にも似た、わかっていても打たれない真っ直ぐを投げられる秘訣を、尾形自身が明かしてくれた。

「オープン戦で投球フォームのスロー映像を見た時、はっと気づいたんです。僕の場合、ボールを離す瞬間も手首がまっすぐ立っているんです。手首を立てたほうがいいと言われますが、ボールを握った状態で思いっきり腕を振るから、ボールの重さなどに負けてどうしても10度くらいは傾いてしまうものなんです」

 他の投手と明らかに違う手首の強さこそが、尾形の最大の武器である“お化け直球”を生んでいた。

「明確な理由になるかわかりませんが、子どもの頃、ほぼ毎日スナップスローをしていたんです。一日1000球とか。小学生の頃のコーチから『スナップスローなら肩や肘を使わずに投げられるだろ』と言われたのがきっかけです。小4から中2までずっとやっていました」

 努力を努力と思わず、当たり前のように継続できる。それが尾形という男である。新背番号「39」とともに、次に狙うのは開幕1軍だ。工藤公康監督はこの右腕を高く評価しており、勝敗を左右する重要な局面で尾形を頼るシーンも今季は何度も見られるかもしれない。(「パ・リーグ インサイト」田尻耕太郎)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)