「ハニーズダンススクール」のスクール生出身だったhonocaさん

 スタジアムを彩る「華」となる各球団のチアリーダーたち。華麗なダンスやパフォーマンスとその美貌でファンを魅了し、各球団とファンを繋ぐ架け橋として活動している。4年連続日本一を目指すソフトバンクにとってはオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」がそれにあたる。

 その「ハニーズ」の2020年度メンバーは新規メンバー7人、昨季からの継続メンバー13人の計20人。オープン戦は無観客開催となり、開幕も4月24日まで先延ばしとなり、なかなかファンの前に立てない日々を送る。そんな今でも、彼女たちも来たるべきシーズンに向けて日々練習に励んでいる。昨季以上に美女揃いとなった今季のメンバーたち。彼女たち1人1人の魅力を紹介していく。

 第11回は2年目の「honoca」さんだ。

○honoca(2年目、福岡県)

 可愛らしい表情が“アイドル”的なhonocaさん。「やっぱりファンの人にも可愛いな、と思ってもらえるように頑張っていきたいです」。ハニーズに加入して今季が2年目となるパフォーマーだ。

 もともとはホークスが運営する「ハニーズダンススクール」のスクール生で、その頃からハニーズになることを目指していた。ただ、実際に夢を叶えてみると、これまで見えなかった苦労もたくさんあった。

「スクール生の時は表に出ているキラキラしたハニーズしか見ていなかったんですけど、実際になってお仕事してみると、ドーム以外にいろいろなイベントやお仕事があるってことを知りました。それに向けて練習もトレーニングも時間をかけてやっているんです。そういうところ含めて、みんな努力があってのハニーズだったんだなと気づきました」

 表舞台に立っている時の華やかさだけではない。そこに立つまでの苦労や努力があった。そして、様々な場所やイベントなどでの出演。多岐に渡る活動の中で、その時間の合間を縫って練習を重ねて、パフォーマンスのスキルを上げている。

 自らの武器を笑いながら「あざとさ、です」と言い切ってしまうhonocaさん。「格好いい系ではなく、キャピキャピしているキャラなので、ファンの人にも可愛いなと思ってもらえるようにダンスとか、表情を研究したりもしています」。どうしたら可愛さを出せるか。日々、研究も重ねている。

 ハニーズOGで現在、球団でハニーズを担当するエンターテインメント推進課の関まどかさんもhonocaさんの魅力を「うちの『ザ・アイドル』のような存在です。私たちから見ても可愛いなと思わせる、ホークスファンみんなの妹のようなキャラクターです」と語る。みんなの妹。うってつけの表現だ。

 2年目となった今季は“先輩”としての自覚も芽生えてきている。「去年は先輩の背中を追ってきましたけど、今年は後輩、新メンバーが入ってきたので、私も引っ張っていく、頼られる存在になれるように頑張りたいなと思います」と意気込む。

「ハニーズはとにかく明るいです。球場でキラキラしているハニーズの華やかさに惹かれて、元気をもらえるし、ああなりたいと思っていました。ファンの人とチームをつなぐ大事な存在だなと思います」とハニーズの魅力を力説するhonocaさん。スクール生出身だけに、その“愛”は人一倍強いようだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)