1死からテイラーに三塁打を許すも後続を仕留める

 マーリンズの田澤純一投手が15日(日本時間16日)、本拠地でのドジャース戦に登板し、1回を1安打2奪三振無失点とした。後半戦スタートから2試合連続登板をいずれも無失点とし、復調を印象づけた。

 0-6で迎えた6回に3番手としてマウンドに上がると、先頭ウッドを見逃し三振とする。続くテイラーに右翼フェンス直撃の三塁打を許したが、シーガーをスプリットで空振り三振、ターナーを速球で二ゴロに仕留め、前日に続き2戦連続で無失点に抑えた。

 田澤は試合後「ランナー背負いましたけど、なんとか粘れたことは良かったと思います」と話した。前半戦は走者を背負った場面で、ヒットを打たれることが続いたが、この日は2番シーガーを空振り三振。「いい打者なので最悪1点というのはあった」とはいうが、低めスプリットを振らせ「(ボール球を)振ってもらえるのが大きい。(ストライクゾーンとの)出し入れが大分良くなってきている」と手応えを話した。

 チームは先発ウレーニャが3回に崩れ、1-7で2連敗を喫した。(佐藤直子 / Naoko Sato)