メジャー13年目で“松井超え”迫る秋信守「日本に行くことが目標だった」

 アジア出身の現役メジャー選手で最も長いキャリアを送っているのは、ご存じの通り、イチロー外野手(マーリンズ)だ。昨年メジャー通算3000安打を達成した“レジェンド”は、17年目を迎える今季も安打数を積み重ね、殿堂選手がズラリと並ぶ歴代順位を駆け上がっている。

 そんな背番号51の後を追うように、確かな足取りでメジャー13年目のシーズンを送るのが、レンジャーズの秋信守外野手だ。今季前半を終えてメジャー通算158本塁打を記録。アジア出身の野手としては、松井秀喜氏がヤンキースなどで記録した通算175本塁打に続く歴代2位の数字だ。今年で34歳。2013年オフに結んだ7年1億3000万ドル(約148億2800万円)という大型契約が2020年まで残っていることを考えると、秋が記録を塗り替えることは、ほぼ間違いなさそうだ。

「メジャーのグラウンドに足を踏み入れたい。メジャーの試合で1打席でもいいから立ちたい。それが自分の目標だったんだ。1週間、いや1日でいいからプレーできればいい。マイナー時代はそれだけを目指していたんだ」

 長いキャリアの第一歩が方向付けられたのは、高校生の時だった。それまで韓国と日本の野球しか見たことのなかった秋は、テレビでドジャースのユニフォームを着てマウンドに立つ朴賛浩の姿を見て、衝撃を受けたという。

「子供の頃はテレビでずっと日本の野球を見ていたんだ。イチロー、新庄(剛志)、松井(秀喜)、高橋(由伸)……。だから、韓国でプロ野球選手になって日本に行くことが目標だった。それがメジャーで投げる朴賛浩を見て、こんな世界があるんだってビックリしたよ。世界中のトップ選手が集まる場所だって聞いた瞬間、ここだ、自分はここでプレーしたいって思ったんだ」

韓国ドラフトを蹴ってメジャー挑戦「ひと晩で今の立場を手に入れたわけじゃない」

 高校時代はエース兼4番のスター選手。2000年に開催されたAAA世界野球選手権大会ではMVPを獲得し、韓国のドラフトでは超目玉選手とされていた。が、「他の人とは違うことをしたかった。もっと大きなことにチャレンジしたかったんだ」と、韓国球界へは進まずにシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、単身渡米した。

 高校時代に注目を集めた選手だけに、韓国球界のオファーを“蹴って”アメリカを選んだことに対し、もちろん韓国内で大きな反発があった。だが、自分の心に嘘はつけない。覚悟を決めて渡米したのが2000年。17年の月日を経て、今では年俸2000万ドル(約22億8100万円)を稼ぐメジャー屈指の選手になった。アメリカならではのサクセスストーリーに聞こえるかもしれないが、秋が何よりも誇りに思うのは、今自分が手にした富や地位ではなく、ここに至るまでたどった道のりだという。

「周りが話題にするのは契約の大きさだったり、メジャー選手としての秋信守。でも、ひと晩で今の立場を手に入れたわけじゃない。ルーキーリーグから1つずつ階段を上がって、ようやくここまでたどり着いたんだ。決して順調な道のりではなかったけど、そこで学んだことや経験したことが、今の自分の土台になっている。だから、諦めることなく、簡単な道を選ぶことなく、地道に歩み続けた自分に誇りを持っているよ。

 最初は寂しくて何度も泣いたんだ。日本と同じく韓国も、野球と言えば1日練習漬けで終わるから、練習が終われば食事をして寝るだけ。でも、アメリカはマイナーでも練習は3時間くらいで、午後がすっぽり空くことが多い。さぁ何をしよう。車は運転できない。言葉も話せない。できることと言えば、ホテルの部屋に籠もって、韓国に電話することくらい。しかも、韓国にいたら電話を掛けないような人にまで、4、5年ぶりに電話して『あ、元気? 何してた?』って掛けたくらいだよ。相手も『どうしたの、急に!?』って驚いちゃって(笑)」

 これじゃいけない。そう秋を奮い立たせたのは、元来の負けん気の強さだった。同級生たちは韓国球界で順調に活躍し始めていた。彼らに負けたくない。メジャーの舞台に立つ前に、しっぽを丸めて韓国に帰るわけにはいかない。野球に励むと同時に、拙い英語を駆使しながら積極的にコミュニケーションを取り始めると、徐々に世界が広がった。アメリカは、努力を続ける人には寛容な社会だ。そして、努力は報われる。

対戦相手の努力を知っているからこその敬意、松井に迫る本塁打には「光栄」

 2005年4月21日。本拠地でのアスレチックス戦で、9回に代打としてメジャーデビューを果たした。結果は一塁ゴロ。「デビュー当初はメジャーで長くプレーできるなんて思っていなかった」と話すが、気が付けばメジャー13年目のシーズンを過ごす。

「毎日ユニフォームを着てグラウンドに立てることに心から感謝しているし、その瞬間を無駄にしないように全力でプレーしている。対戦する投手たちが積んできた努力も知っているから、自分はホームランを打った後に大喜びすることもないし、自分の成績次第で気分がアップダウンすることもない。

 よきチームメイトとはどういう人物か。監督やコーチ、対戦相手にどう敬意を示すべきか。それを教えてくれたのは、マイナー時代の監督、コーチ、仲間だった。将来的に、自分が子供たちに野球を教える立場になったら、野球そのもの以上に、人間として他人を敬うこと、よきチームメイトであることを伝えていきたい。よき人間であることが、よき野球選手であることにもつながるから」

 柔らかな口調で、今ではすっかり流ちょうな英語を話す秋は、どこか達観したような雰囲気を漂わせている。選手としては脂の乗った旬の時期にあるが、時々引退後の人生について妻と話をすることがあるという。

「若くて才能ある選手が出てきて、いつかは自分のポジションを奪う。それは自然な流れだし、受け入れなければならないこと。自分は必要とされなくなる日までは、最善を尽くしてプレーだけ。

 メジャーで1打席でもいいから立てればいい。それを目標にしていた自分にとって、今もこうやって毎日プレーできていることは、ただただ感謝しかない。自分が158本塁打で、松井が175本? ワオッ。そんなことになってるなんて知らなかった。驚きだよ。こんなに長いキャリアを送れると思っていなかったから。

 自分の野球に対する姿勢や為すべきことは、引退するその日まで何も変わらない。毎日ユニフォームを着てグラウンドに立てることに感謝しながらプレーするだけ。その結果として、松井の成績に近づくことができるなら、それは光栄としか言いようがないね」

 1打席のつもりが5400打席を超え、1試合のつもりが1250試合を超えた。メジャーにレギュラーとして定着しても、大型契約を勝ち取っても、等身大の自分を忘れず、地に足をつけたまま。そんな秋の人間性と努力に、野球の神様はしっかりと報いているのだろう。(佐藤直子 / Naoko Sato)