先発・東浜を助ける華麗守備

 ソフトバンクの川崎宗則内野手がメジャー仕込みのスーパープレーを見せた。後半戦がスタートした17日の西武戦(ヤフオクD)。1点ビハインドで迎えた4回の守備で、そのプレーは起きた。

 先頭の浅村が右前安打で出塁し、無死一塁。打席には4番の中村を迎えた。1ボールからの2球目、先発・東浜のボールをはじき返した打球は、右腕の横を抜ける痛烈なゴロに。あらかじめ二塁ベース寄りに位置を取っていた川崎は、スライディングしながら、逆シングルで打球をキャッチ。そのままグラブトスで、遊撃の高田へ。二塁ベースを踏んだ高田が一塁へ送り、併殺を完成させた。

 キャッチももちろんだが、取ってからトスに移るまでの速さ、流れるようなプレーは、川崎の技が凝縮されていた。中前へと抜けていれば、ピンチが広がるところだっただけに、東浜を助ける好プレーとなった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)