ホークス川崎が試合の流れ左右するビッグプレー「あっちで学んだ技」

 ソフトバンクの川崎宗則内野手がメジャー仕込みのスーパープレーを見せた。後半戦スタートとなった17日の西武戦(ヤフオクD)。1点ビハインドで迎えた4回の守備。川崎自身が「いい守備が出たね。素晴らしいプレーから、流れが一気に来たね。あのプレーで今日は勝ったようなもんだね。気持ちいいくらいに言うでしょ?(笑)」と自賛するプレーが飛び出した。

 無死一塁で、打席に4番の中村。1ボールからの2球目、先発・東浜のボールをはじき返した打球は、右腕の横を痛烈なゴロで抜けた。あらかじめ二塁ベース寄りに位置を取っていた川崎は、スライディングしながら、逆シングルで打球をキャッチ。そのままグラブトスで、遊撃の高田へ。二塁ベースを踏んだ高田が一塁へ送り、併殺を完成させた。

 最初の位置取り。定位置寄りも、若干二塁ベースに寄せていた。「ちょっとは寄っていたけど、そこまでは寄れないからね。あの辺に来そうだなと思って、ちょっと1歩、ポンって寄った。ヒラメキが当たったんよ、マジで。動いてなかったら取れなかったけど、感覚だった」。名手としての嗅覚が働いた。

 足から滑ってキャッチし、素早いグラブトス繋がった一連の流れるような動き。ポイントは頭から滑るのではなく、足から滑るところ。「足から行くと、ギュッと止まるから。止まってしまったら、次の自分のプレーがしやすいからね。あっちで学んだ技ですけど、あれで結構今アウト取っているね。(日本に前いたときは)頭から行っていたよね、滑ってね。その分遅れるよね。足から行っている分、すぐ自分のプレーに移れる」という。

素早いトスに「覚えてないわ、どうやったか」、東浜も感謝「助けられた」

「向こうのアメリカの選手を見て学んだ」。2013年から在籍したブルージェイズでチームメートだった内野手のジョナサン・ディアスがお手本だったといい、「あれ『ジョナサン』っていう僕の技なんですけどね(笑)」と笑わせた。

「(中村には)何で取るんですかって言われたよ。おにぎりくんにはホームラン打たんかいって、あ、おかわりくんか(笑)。上に打たんかって(言ったよ)」

「トスまで速かったね。覚えてないわ、どうやったか。意識ない。とにかくジャパ(高田)に渡してしまえば、と。『健太!』って言ったら、ジャパだった。そんな感じよ」

「あれが今日のポイントでしょ。ゲッツーとって、巨を盛り上げて。あとあとなら何とでも言えるわな(笑)」

 などなど、最後まで絶“口”調で、家路についた川崎。まさしくメジャー仕込みの技術が凝縮された好プレーに、投げていた東浜も「あれには助けられました。完全に抜けたと思ったら(川崎さんが)いたので、大きかった」と感謝しきり。川崎本人の言葉も、あながち間違いではない。ゲームの行方を左右する、ビッグプレーだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)