マーリンズは連敗3で止める

 マーリンズのイチロー外野手が17日(日本時間18日)の本拠地フィリーズ戦で代打で出場したが左飛に終わった。また田澤純一投手は1点リードの6回に登板し、3者凡退に仕留める好投を披露。チームは延長10回に6-5とサヨナラ勝ちを収め、連敗を3で止めた。

 田澤がマウンドに上がったのはマーリンズが5回にスタントンのソロ弾、ボアの2ランで5-4と逆転に成功した直後の6回。2番手として救援し、4番フランコを三飛に打ち取ると、5番ウィリアムスを二ゴロ、6番ナップを二ゴロに仕留めた。これで7月はいまだ無失点投球を継続しており、7試合連続の零封となった。

 その裏、イチローは2死走者なしの場面で代打で出場したが、左飛に終わり、2試合連続のヒットはならなかった。

 マーリンズはその後、再び同点に追いつかれたが、延長10回にゴードンのサヨナラ打で勝利。イチローは1打数無安打で打率.223、田澤は1回無安打無失点で今季2ホールド目となり、防御率5.19となっている。(Full-Count編集部)