自身の逆転3ランの呼び水となった二塁刺殺プレー

 流れを変えるプレーだった。北九州市民球場で行われた19日の西武戦。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、武器の強肩を生かした“甲斐キャノン”を炸裂させた。

 この日、3回に4号ソロ、4回には自身初の2打席連発となる5号3ランを放つなど、3安打4打点とバットでも大活躍だった甲斐。それ以上に、その持ち味を発揮したのは、2本目の本塁打を放つ直前、4回の守備だった。

 この回、先発の松本裕が先頭の栗山、外崎に連打を浴び、無死一、二塁のピンチを背負った。続く、炭谷への初球だった。バントの構えから、外角のストレートを炭谷が見逃す。その瞬間、投球を受けた甲斐は素早いスローイングから矢のような送球を二塁へと投じた。

 離塁が大きくなっていた二塁走者・栗山。この日の練習開始直前に降ったゲリラ豪雨の影響で水気を含んだグラウンドに一瞬足を取られた。慌てて二塁へと戻ったが、時すでに遅し。甲斐の送球は、遊撃・高田のグラブに収まっており、悠々のタッチアウトとなった。
 
 このプレー。栗山の離塁が大きくなったのを見逃さない咄嗟の好プレー…だったのではなく、実は、最初からソフトバンクナインによって狙いすまされたモノだったのだ。

松田、内川から勧められた計画的プレー

 時計の針を少し戻す。外崎に左前安打を許した直後、ソフトバンクの内野陣はマウンドに集まった。この時に、松田や内川ら先輩野手が、甲斐に声を掛けたのだという。

 甲斐が言う。「松田さんから『拓也狙えよ』という言葉があったんです。内川さんにも言ってもらいました。それで『狙うんで、皆さんお願いします』と」。

 そしてマウンド上の松本裕に声をかけた。「いくから、外せよ」。そして、炭谷への初球だ。甲斐の要求は外角へのボール球。求めよりもやや内に入り、ストライクとなってしまったのは誤算ではあったが、バントの構えから炭谷は見逃した。そこからは思惑通り。バントに備えて離塁が大きくなった栗山を、ものの見事に甲斐が刺したのだ。
 
 結果的には、この回1点を失うことにはなったものの、このプレーがなければ、大量点を喫していた可能性も大いにあった。1点に留めたからこそ、その裏の攻撃で甲斐自身の3ランで逆転することが出来た。そこまでは完全に西武へと傾いていた流れが、ソフトバンク側へ向き始めた瞬間。そこには、狙われた好プレーが隠されていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)