7月1日以降勝ち星がないヤクルト

 ヤクルトが14連敗を喫した。7月1日から勝ち星がない。5連敗以上になると「泥沼」という表現も出始めるが、まさに「底なし沼」のような連敗だ。

 今年のヤクルトは5月30日から6月10日まで、引き分けを挟んで10連敗している。シーズン2度の10連敗は、2005年の楽天以来。この年の楽天は11連敗を2回喫している。

・11連敗(4月15日〜4月27日)
・11連敗(8月9日〜8月23日)

 分配ドラフトで集められた選手で戦った創設1年目の楽天が大連敗をするのは、仕方がない部分があるが、ヤクルトは一昨年のセ・リーグ優勝チーム。この連敗は不可解だと言えよう。

 過去10年、NPBで10連敗以上は11回しかない(※順位はシーズン最終順位)。

2008年
横浜(現DeNA)・14連敗(9月14日〜10月3日、1分挟む)6位

2011年
ロッテ・11連敗(9月13日〜9月28日、1分挟む)6位
広島・10連敗(5月25日〜6月6日)5位

2012年
オリックス・12連敗(9月12日〜9月25日)6位
ヤクルト・10連敗(5月17日〜5月30日)3位

2015年
西武・13連敗(7月15日〜8月4日)4位
DeNA・12連敗(6月3日〜6月20日、1分挟む)6位

2017年
ヤクルト・14連敗(7月1日〜継続中、1分挟む)
巨人・13連敗(5月25日〜6月8日)
ヤクルト・10連敗(5月30日〜6月10日、1分挟む)
日本ハム・10連敗(4月14日〜4月26日)

過去の15連敗以上は…

 後半戦が始まったばかりだが、今年はすでに10連敗以上が4回もある。なぜか連敗がなかなか止まらないのだ。原因はわからないが、異常事態だと言えるだろう。

 ヤクルトは22日の阪神戦で負ければ15連敗となるが、NPB史上15連敗以上は8例しかない。

・18連敗 1998年ロッテ(6月13日〜7月8日、1分挟む)6位
・16連敗 1970年ヤクルト(8月4日〜8月25日)6位
・16連敗 1936年大東京(9月28日〜11月22日、1分挟む)※
・15連敗 1939年金鯱(4月12日〜5月19日)7位
・15連敗 1946年中部日本(8月5日〜9月1日)8位
・15連敗 1955年大映(4月17日〜5月5日)6位
・15連敗 1969年南海(6月4日〜6月26日、1分挟む)6位
・15連敗 1978年ロッテ(6月1日〜6月28日、3分挟む)4位
※1936年の大東京は創設年で順位なし。

 ヤクルトはセ・リーグの連敗記録を持っているが、あと「2」でこれに並ぶ。今季は2年連続のトリプルスリーを成し遂げた山田哲人が不振に陥っている上に、救援投手も崩壊状態だ。回復の手がかりがないのが正直なところだ。いつ黒星トンネルを抜け出ることができるか、注目したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)