好投・武田には「良かった」、6回降板は「足がつったというところもあって」

 22日、ソフトバンクは2-0でロッテ相手に連勝。球宴明けの連勝を5に伸ばし、ロッテとの対戦成績も12勝2敗として、このカードのシーズン勝ち越しに王手をかけた。

「ファールにはしていたけど、最後はうまく打ったね」

 工藤公康監督が最初に称えたのは、4回裏に飛び出した今宮健太の先制ソロ弾だった。前日の21日にスタメンに復帰した今宮について「今日聞いたら、今日の方が感じはずっといいと言っていたので一安心した」と、チームに欠かせない名遊撃手の復調を喜んだ。

 また、4月5日以来の白星をあげた武田翔太についても「非常にリズムも良かったし、ボールにも力があった」と、こちらも大きな安心材料となったようだ。

「変化球も良くて、しっかり緩急を使って投げていたしね。そこら辺は高谷くんも上手くリードしてくれたと思う。(6回で降板させたのは)足がつったというところもあって、無理はさせられないということでね」

球宴明けは5連勝、次のカードは楽天との首位決戦

 これでチームは球宴明け5連勝。特にロッテとの2戦は2-1、2-0という僅差の試合をしっかりとものにしている。

「1つずつ勝つというところが積み重なってここまで来ている。打者(が取る得点)が少ない点数の時に投手がしっかり抑えて勝てている。チームのバランスとしてはいいんじゃないかと思っているし、いつも打者が打てるというわけではないので今後もこういうバランスを大事にしながらやっていきたい」

 地元での鷹の祭典は23日で終わり、その後は仙台での首位決戦が待ち構える。勢いをつけるためにも、もう1試合お得意様をしっかりと叩いておきたい。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)