先制のソロ弾含む猛打賞、前日に復帰「昨日よりは全然よかった」

 22日のロッテ戦で、ソフトバンクの今宮健太が先制6号ソロを含む猛打賞の活躍で2-0での勝利に貢献。フェンスの福岡銀行の看板を直撃する三塁打を放って、賞金100万円もゲットした。

 ロッテの先発・二木康太の前に手も足も出なかった試合序盤。4回1死まで1人のランナーも出せない重苦しい雰囲気を、今宮のひと振りが吹き飛ばした。2球ファール、1球ボールの後の4球目、内角低めにきたストレートをうまく体を回転させてレフトスタンドまで運んでみせた。

「打った瞬間入ったと思った」という6号の先制ソロ弾。「何とか対応しようと体が反応して打てたホームラン。あれだけフォークで空振りを取っていたし、思っている以上に(二木が)良かったので『フォークが来るだろうな』と(決めつけて)思っていたら多分打てていないと思う」。

 その一発をきっかけに7回にはライト前、8回にはライトフェンス直撃の三塁打と、3打席連続のヒットを記録した。「(スタメンに復帰した)昨日よりは全然よかった。やっぱり真っ直ぐをはじき返せることが大事」と納得の猛打賞だ。

大分出身で九州北部豪雨の被災地とも縁、賞金は「恩返しのために使いたい」

 さらに8回の三塁打は、福岡銀行の看板のイラスト部分を直撃したことで、賞金100万円もゲットした。「もうちょい飛ぶかなと思ったんですけどね」と苦笑いの今宮は、ベンチに戻ってから賞金ゲットを知らされたという。大分出身で、日田で野球教室を開くなど九州北部豪雨の被災地とも縁がある今宮は「恩返しのために使いたい」と、豪雨被害の復興のために使う考えを明かした。

 この日の勝利で今年の鷹の祭典の勝ち越しも決定。開催前から「今年は“いい祭典”にしたい」と語っていた今宮は、昨年に続く鷹の祭典本塁打に「やっぱり(ファンとの)一体感がめっちゃ生まれてる」と、改めてヤフオクドームを白く染めたファンに感謝を示した。

「(地元での鷹の祭典の)最後、明日も勝って勢いをつけて仙台に乗り込みたい」

 今宮の目指すところは、“いい祭典”から“いいシーズン”へと切り替わっていきそうだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)