降板後に追いつき黒星は消えるも…田中は3試合連続で白星なし

 ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)、敵地でのマリナーズ戦に先発し、6回7安打4失点6奪三振無四球。1点のリードを許したまま降板したが、チームは8回に同点に追いついて田中の黒星は消えた。右腕は3回に2本のソロ弾を浴びるなど一挙4失点。今季の被弾は自己ワーストの「26」となり、メジャー全投手の中でも今季ワーストタイとなった。3回以外は好投したが、1点のリードを許して降板。ヤンキースは延長10回にウォーレンがサヨナラ打を浴び、5-6で敗れた。

 田中は初回、2回と2死からヒットを許すも無失点。ヤンキースは2回にフレイジャーの併殺の間に1点を先制した。しかし、田中は3回に乱れる。先頭ズニーノに同点弾を浴びると、1死からギャメルにもライトへの一発を許し、逆転された。

 今季26被弾目で2015年の自己ワースト(25本)を更新。メジャーワーストタイのノラスコにも並んでしまった。その後、クルーズのヒット、シーガーへの死球で一、二塁とされると、バレンシア、ハニガーに連続タイムリーを浴びてこの回4失点を喫した。

 それでも、田中が4回を6球で3者凡退に仕留めると、ヤンキースは5回に1点を返す。田中は5回もクリーンアップを9球で3者凡退に打ち取る。すると、ヤンキースは6回に主砲ジャッジのメジャートップ32号ソロで1点差に迫る。田中はその裏も3者凡退の好投。4失点を喫した3回以外はマリナーズ打線に付け入るスキを与えなかった。

 球数が97球に達した田中は、1点ビハインドのまま降板。試合前にはジョー・ジラルディ監督が前回登板のレッドソックス戦(7回2/3を3失点)を振り返り、「彼はムーキー・ベッツ相手にスライダーで失投を犯した(3回の2ラン弾)。しかし、全体的には良かった。長いイニングを投げてくれた。本当に好投してくれたと思う。最近の先発5試合のうち、4試合は本当に良かった。トレンドは上昇傾向だ」とエースの復調を確信していたが、3回の1イニングに泣く結果となった。

 過去5戦5勝、防御率1.95と“お得意様”だったマリナーズ相手に勝てず、これで3試合連続白星なし。この日は97球でストライクは65球。防御率は5.37となった。

 ヤンキースは8回に同点に追いつくも、その裏にロバートソンが元同僚カノにソロ弾を浴びる。9回にはトレイエスが敗戦まであと1球で同点打を放ったが、延長10回にマリナーズのクルーズがサヨナラ打。ヤンキースは敗れた。(Full-Count編集部)