ゲーム差1.5で仙台決戦へ、打線は「その時爆発してもらいましょう」

 23日、打線がロッテ投手陣に1点に抑えられたソフトバンクは1-3で敗れ、球宴明けからの連勝が5でストップした。工藤公康監督は「負ける時もあります。あと1本です」と淡々と試合を振り返った。

 先発の中田は5回途中3失点。「ピンチでの粘りが足りなかった」という右腕について、工藤監督は「みんながみんなタイミングが合っているわけではないので、勝負するところは勝負してほしかった」と苦言を呈しつつ、「5回はもうちょっと早く代えてあげればよかったと思うところもある」と自らの判断を悔いる発言もあった。

 また、7回の守備から柳田をベンチに下げたことについては「トレーナーからも3打席くらいでと言われていた」と語る。

「使いたいのは山々だが、我慢するところは我慢しないといけない。彼自身も出たい気持ちは強いだろうが、また(痛みが)出てしまうと休まなきゃいけないということになる。そういうことは避けたい」

 指揮官は、次の楽天戦に少しでもいい状態でという考えもあっての交代であったことも明言。「明後日のトレーナーの報告を聞いてからの判断したい」と、あくまでも慎重に様子を見ていく構えだ。

 得意とするロッテ戦3試合で奪った得点は5点。打線の調子が落ちていることは確かだが「相手がいい投手であれば、そうそう点は取れないよ」と打線をかばうように話した。

「今日の石川くんもよかったし、二木くんも涌井くんもいい投球をしていた。その中でウチの投手がいい形で抑えて何とか勝ち越すことができた。今日はリリーフを休ませることもできたので、また楽天との3連戦はいい形で戦える。(打線には)その時に爆発してもらいましょう」

 則本昂大、岸孝之らが待ち受けるとはいえ「そうそう点は取れない」では済まされない仙台での3連戦。“いい投手であっても打たなければいけない”という強い気持ちで、球宴直前のリベンジを果たしたい。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)