先発ローテ降格危機の中、6回までパーフェクトの快投

 広島の岡田明丈が23日の中日戦に先発し、7回途中1失点の好投で8勝目を挙げた。約1か月ぶりの勝利となった岡田は、オールスター前に3試合連続で勝ち星から遠ざかり、2連敗中だった。前回登板後には、緒方監督が「考え直さなければならない」と先発ローテ降格も示唆し、この日の試合後も「2軍で調整させることを考えていた」と事情を明かした。指揮官が「最後のチャンス」とした登板で、6回まで1人も走者を許さない快投を見せた。

 岡田は「ここのところ自分が納得する投球ができていなかったので、今日こそはという気持ちだった。今日は自分のリズムで投げられた」と、安堵の表情を見せた。「1球1球、自分の球を投げられるようにしたい」と臨んだマウンドで「ストレートは自分でも手応えがあった」と持ち味の剛球を投げ込んだ。

 打線が3回から毎回得点の猛攻で大量リードの展開となり、周囲の注目は岡田の投球に集中した。6回までパーフェクト投球で、周囲が記録を意識し始めた7回に先頭の京田に2塁打を打たれ、その後は大島にタイムリーを浴びた後、2つの四球で2死満塁としたところでイニング途中の降板となった。

指揮官は合格点「こちらが思った以上の投球をしてくれた」

 岡田は「特に気持ちは変わらなかったが、先頭を出してしまって、そこからうまくいかなかった。自分の球を投げていたつもりだけど、変な力みがあったかもしれない」と反省した。

 緒方監督が「オールスターがいいきっかけとなったかもしれない」と言ったように、大舞台で力勝負ができたことで、心境も変わった。岡田は「これまでは色々と考え過ぎていたところがあったので、この一週間は何も考えないようにした」と、開き直りが功を奏した。

 バットでも2打席連続タイムリーを打つ活躍で、緒方監督も「バッティングもよかったし、最後のチャンスというマウンドで、こちらが思った以上の投球をしてくれた」と合格点の評価だった。

「今日は自分の中でもすごく大きな試合だったと思う」と喜んだ岡田。ジョンソンが再離脱となり、夏場の苦しくなる先発事情の中、2年目の右腕が復調の兆しを見せたのは、チームにとっても大きい。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)