「わさびステーキ丼」と「ハラペーニョナチョス」

 ロッテは24日、選手プロデュースメニュー第2弾として、7月28日の西武戦(ZOZOマリンスタジアム、18:15試合開始)から、井口資仁選手がプロデュースした2点を販売すると発表した。

 井口がプロデュースしたのは「シャキシャキわさびのステーキ丼(1300円・税込み)」と「チーズたっぷりハラペーニョナチョス(600円・税込み)」。ステーキ丼は、井口のマイブームである「ステーキにワサビをたっぷりつけて食べる」ということにちなみ、ステーキにシャキシャキのワサビをのせて仕上げた逸品。ナチョスは、井口の好物であるチーズとハラペーニョ(青とうがらし)がたっぷり入っている。

 2つのメニューはともに、外周3塁側ケータリングカーゾーンにある選手の台所で販売される。その他、同日に石川、唐川、田村、チェン、平沢選手のプロデュースメニューも販売される予定だ。

 井口は「ステーキ丼は、ワサビがおいしくて夏に最高のメニュー!! ピリッとしたものを食べると若返ると言われているので、是非この丼を食べて夏の暑さを乗り越えて欲しいです!! ナチョスは野球場と言えばナチョス!! シカゴでも定番のこのメニューを是非皆さんにも食べていただきたいです!!」と呼び掛けた。(Full-Count編集部)