昨年は一発芸でムードメーカー、低迷チームのカンフル剤となるか

 日本ハムの新垣勇人投手が25日、ロッテ戦(釧路)を前に今季初めて1軍合流した。昨季は一発芸で盛り上げてチームの15連勝に貢献したムードメーカー。この日も早速、合流のあいさつで披露した。

 低迷するチームのカンフル剤となるべく、前夜から考え抜いた末に披露したのは2つのネタだった。ももいろクローバーZの「ココナツ」の替え歌に加えて、釧路にかけた完全オリジナルのもの。報道陣から内容を問われると「今回はちょっと言える内容じゃないので。言える時は必ず言いますから」と申し訳なさそうに苦笑した。

 今季はイースタン・リーグ16試合に登板し、防御率1.53と安定した成績を残している。「真っすぐがよくなって、ファウルや空振りが取れる。変化球もボール球を振らせることができるようになりました。状態がいいので、下でやってきたことを出すことができれば、結果につながる」と意気込む。

 もちろん、ムードメーカーとしての役割も自覚している。「笑顔にするのと野球とどっちも貢献したい。連勝すれば、明日からも(一発芸を)やるのかな」と笑った新垣。中継ぎ右腕のギャグが再び勝利のルーティンになるか。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)