左腕エース山下に見出す可能性「145キロよりもう少しくる」

 2年連続で左腕エースを立て、木更津総合・五島卓道監督は千葉県の頂点に立った。全国高校野球選手権千葉県予選決勝で習志野を4-3で振り切り、連覇を達成した。

 昨年は144キロ左腕早川隆久投手(早大)で甲子園に駒を進め、ベスト8進出。今年は187センチの長身を誇る145キロ左腕の山下が、千葉県予選を5完投で投げ切った。

「2年連続で(甲子園に)行けるなんて思ってもみなかった。山下は冬から春、春から夏と本当に成長してくれて、大エースになりました」と五島監督。成長ぶりには目を見張ったようで「(決勝戦MAXの)145キロよりもう少し(球速は)くると思う。5日間で4試合でしょう。(間隔があけば)もっとギアは上がってくると思う」と、プロ注目左腕のポテンシャルの高さを認めている。後半から尻上がりのタイプで、体力的には昨年の早川以上と見ているようだ。

「子供たちが甲子園通算10勝目をプレゼントするというので、とりあえず1勝を目指します」と優勝監督インタビューでは控え目だったが、目指すはもちろん昨年のベスト8越えと、その先しかない。(細野能功 / Yoshinori Hosono)