今季は不振に陥っている田中は「様子がおかしい」

 ヤンキースの田中将大投手は、今季ここまで7勝9敗、防御率5.37と成績が低迷。渡米後、最大の不振のシーズンを過ごしている。メジャーワーストタイの被本塁打26本という“一発病”に苦しみ、プレーオフ進出争いを繰り広げるヤンキースの中で乗り切れていないが、辛辣な地元メディアは「給料通りの働きをする必要がある」と奮起を促している。

 日本人右腕に対してニューヨークメディアは厳しい視線を注いでいる。ESPN電子版は「ヤンキースにはタナカとチャプマンに彼らの給料通りの投球を必要としている」というタイトルで特集。いずれも高年俸のキューバ人剛腕守護神アロルディス・チャプマン投手、田中の2人を名指しし、「給料通りの働き」を求めた。

 ヤンキースは後半戦に入り、ホワイトソックスとのトレードで強打者のトッド・フレイジャー三塁手、かつての守護神デビッド・ロバートソン投手を獲得したが、まだチームにはブルペン補強の必要性があると記事では訴えている。

 そして、「彼らのエースであるべき先発投手(マサヒロ・タナカ)と火消しクローザー(アロルディス・チャップマン)の様子がおかしい」と、エースとクローザーを“槍玉”に挙げ、2人の不調で増大しているブルペンの負担は、ロバートソンの復帰では補えないと分析した。

 前半戦に不振だった田中は、後半戦も修正しきれていない。昨年84勝78敗と勝ち越したヤンキースでエースとして君臨した盤石ぶりを考えると、考えられない“転落”だという。

ヤンキースに必要なのは「タナカとチャプマンには給料通りに投げてもらうこと」

「ヤンキースは彼の先発した20試合で11敗している。昨年、彼が14勝4敗でフィニッシュした際、ヤンキースは(田中が登板した31試合で)23勝8敗だった。信じられない振り幅だ」

 記事では、田中の先発試合でチームの勝率は今季5割を切っているというデータを提示。その原因の1つに、メジャー最多タイの26本塁打を浴びているという事実もあるとしている。エース右腕は今季終了時点で契約を破棄し、フリーエージェントになれる「オプトアウト」の権利を有しているが、「ヤンキースは彼を救い出している。彼の登板した6試合で6得点以上を記録しているが、タナカは依然としてその中の1試合で1敗している。残り3年を残したところで、彼の1億5500万ドル(約167億円)の年俸をオプトアウトできないことは完全に明らかだ」と断定的に報じている。

 一方で、守護神のチャプマンは今季5年8600万ドル(約95億8000万円)の大型契約を結んだが、2勝1敗11セーブ、防御率は3.51と苦戦。不安定な投球が続いており、こちらも契約ほどの働きではないという。

 記事では最後に、ヤンキースに必要なこととして、「タナカとチャプマンには給料通りに投げてもらうことだ」と指摘。チームのプレーオフ進出に貢献するように強く求めている。(Full-Count編集部)