アレナドがまたも美技、三塁線へのライナーに猛然ダッシュ→ダイブ

 ロッキーズの名手ノーラン・アレナドが、またも豪快な守備で沸かせた。

 見せ場を作ったのは24日(日本時間25日)の敵地カージナルス戦。ロッキーズは初回に2点を失い、なおも2死一、二塁とピンチが続いた。ここでカージナルスのウォンの打球は三塁線へのライナーとなった。

 抜ければさらに1失点、下手すれば2失点という当たり。しかし、遊撃寄りに守っていたアレナドは打球を猛然と追うと、最後は豪快にダイビング。ライナーをもぎ取った。

 地元テレビの実況は「ノーラン・アレナドによるなんてプレーだ!」と伝え、解説者も「ゴージャスプレー」と称賛。MLB公式サイトはツイッターで「三塁線を守る、ノーラン・アレナド・スタイル」と動画を紹介した。

 ファンからは「MVP!!!」などと称賛の声が殺到。一方で、同じ三塁手であるオリオールズの若き名手、マニー・マチャドを推して「マニーが上」と訴える投稿も。この日は、マチャドも敵地レイズ戦で驚異的な併殺打を完成させ、動画を紹介したツイッターのコメント欄では「アレナドが上」と意見が寄せられていた。お互いのプレーに対して、お互いのファンがNO1三塁手であることを主張するという事態となった。

 この試合、ロッキーズは2-8で敗戦。しかし、攻守両面でチームを牽引するアレナドの存在感は相変わらず際立っている。(Full-Count編集部)