MLB公式サイトも紹介「唯一の問題はそこにマチャドがいたこと」

 オリオールズのマニー・マチャド内野手が、24日(日本時間25日)の敵地レイズ戦で見せた美技が「狂気の守備範囲」と絶賛されている。

 ゲームの流れを決めるプレーだった。初回、1死一塁でロンゴリアの三塁線への痛烈なゴロをつかんだマチャドは、ファウルゾーンへと体を流れた状態で反転しながら二塁へジャンピングスロー。一塁走者のソウザJrをアウトに仕留めると、二塁手のスコープも左足一本で立った状態からファーストへ力強いボールを送り、ロンゴリアは間一髪でアウトとなった。

 敵地がどよめきに包まれるダブルプレー。地元テレビの中継ではスローモーションで併殺を振り返り、ロンゴリアが一塁に到達する寸前にボールにグラブに収まったところを確認した解説者は、厳しい体勢から二塁への送球を決断したマチャドを絶賛。同じ三塁手で名手としてならした打者走者のロンゴリアも、脱帽といった表情で首を振った。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は「マニー・マチャドが狂気の守備範囲を披露し、しなやかに素晴らしいダブルプレーを始める」とのタイトルで特集し「彼のグラブは眠らない」と伝えた。

 ロンゴリアの打撃について「唯一の問題はそこにマチャドがいたこと」と指摘。「レイズの三塁手(ロンゴリア)は安打と確信したことだろう」としつつ、「滑らかにボールを捕ると、跳躍して二塁へと投球し、ダブルプレーをスタートさせた」とマチャドの動きを描写した。

スコープは「過小評価」!? 「いかに彼がほぼ旋回し、足を上げずに投げているかを見よ」

 記事では、二塁手のスコープについても「一連のプレーの中で過小評価されているのはジョナサン・スクープの二塁での切り返しだ。いかに彼がほぼ旋回し、足を上げずに投げているかを見よ。学芸会で自由の女神像を演じるオーディションを受けているかのようだ」と絶賛している。

 マウンドにいたオリオールズの先発ゴースマンは試合後、MLB公式サイトの取材に対して「彼らのしたようにあれをダブルプレーにできる二、三塁手が他にいるとは思えない。彼らが先発していると、とても安心。マニーは捕球に挑戦できるボールのどれに対しても猪突猛進してくれる」と2人への感謝の気持ちを明かしたという。

 オリオールズはこの試合、5-0で快勝。打球が抜けていれば長打となり、大ピンチになっていただけに、まさにチームを勝利に導く美技だった。なお、このプレーはMLB公式サイトの「今日のベストプレー」で3位に選出。1位は、マチャドとともにメジャーNO1三塁手の一人とされるロッキーズのノーラン・アレナド内野手が見せた三塁線での豪快なダイビングキャッチだった。(Full-Count編集部)