シモンズが素手キャッチから矢のようなダイビング送球

 エンゼルスの名手アンドレルトン・シモンズが、驚愕の素手キャッチ→糸を引くような鋭い送球を見せ、称賛の嵐を呼んだ。

 実況アナが「何というプレーだ」と思わずため息を漏らしたのは、25日(日本時間26日)敵地でのインディアンス戦だった。7-7の同点で迎えた7回裏、インディアンスの攻撃で2死走者なしとなった場面。ジャクソンの打球は本塁付近で大きくバウンドすると、勢いなく遊撃方向へと転がった。

 ここで遊撃の定位置にいたシモンズは打球に猛チャージすると、地面に転がるボールを素手でキャッチ。倒れ込みながらアクロバティックな体勢からダイビングスローをすると、矢のような鋭い送球が一塁に届いた。送球は一塁バルブエナのミットにすっぽり収まるストライク。俊足の打者ジャクソンを見事アウトに仕留めた。

 地元テレビの実況が「何というプレーだ…」と興奮を押し殺すかのようにつぶやくと、解説者は「アンドレルトン・シモンズ、こんなの絶対バカげてる」と、驚愕のプレーを大絶賛。動画を紹介するMLB公式ツイッターでは「グラブがなくてもアンドレルトンはゴールデン」と、2度ゴールドグラブ賞を受賞した名手を称えた。

 ファンからも「最高の守備を持つ遊撃手」「MLBで最も過小評価された選手」とコメントするなど、WBCオランダ代表遊撃手に最大限の敬意を示した。

 試合は延長戦の末、インディアンスが11-7でサヨナラ勝ちを収めた。(Full-Count編集部)