ここまでの対戦成績は22打数7安打、打率.318

 マーリンズのイチロー外野手が26日(日本時間27日)のレンジャーズ戦で「6番・ライト」でスタメン出場することが発表された。対するレンジャーズはダルビッシュ有投手が先発登板。2014年以来、3年ぶりの直接対決が実現する。

 イチローはダルビッシュに対して通算22度対決し、22打数7安打(1二塁打、1三塁打)、2打点、3三振、0本塁打、打率.318と結果を残している。ただ、ダルビッシュがメジャーデビューした2012年で11打数6安打、1三振、打率.545と好成績だったものの、2013年は6打数1安打で打率.167、2014年は5打数無安打、2三振だった。

 43歳のベテランは今季ここまで84試合に出場し、121打数27安打で打率.223、2本塁打、9打点と低迷しているが、6月は打率.273、7月は打率.300と成績が上向いている。

 一方、ダルビッシュは現在4連敗中で今季6勝8敗。ここ3試合はクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以内)を見せているものの味方の援護が少なく勝ち星を得られていない。両者の対決はどのような結果となるのか、注目だ。(Full-Count編集部)