本塁打、打点、四球…改めて分かる王貞治氏の偉大さ

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦、オールスターの中止は決まり、試合数も143試合から減少する見込みとなっている。これに伴い、選手の通算記録にも大なり小なり影響を受けることになるだろう。

 未曾有の事態となっている2020年だが、これまで長い歴史を紡いできたプロ野球84年では数々の偉大の記録が生まれてきている。この中にはもはや現代野球では到達不可能とも言える超人的な記録もある。そこで、84年のプロ野球の歴史で、ただ1人しか、その節目に到達できていない数々の偉大なる通算記録をクローズアップしてみたい。今回は野手編だ。

・3000安打(張本勲:3085安打)

 日本ハムの前身である東映フライヤーズの中心選手として長く安打を量産してきた張本氏。1959年にプロ入りすると、1981年に現役を引退するまで東映(日拓、日本ハム)、巨人、ロッテで23年間プレーし、通算3085安打を放った。意外にも最多安打は1970年、1972年、1976年の3度しかないが、20年連続で100安打超を放ち、ヒット数を積み重ねてきた。

 2位は野村克也氏の2901安打で現役最多は内川聖一の2171安打(日米通算では福留孝介の2395安打)。今季史上最年少での2000安打がかかっていた坂本勇人は現在1884安打。まだ31歳と若く、張本の3085安打超えにも期待が集まる。なお日米通算ではイチロー氏が4367安打を放っておりダントツ。

・800本塁打(王貞治:868本塁打)
・5500塁打(王貞治:5862塁打)
・2000打点(王貞治:2170打点)
・2000四球(王貞治:2390四球)

 改めてみると王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)の凄さがよく分かる。王氏は本塁打、塁打、打点、四球でただ1人しか到達していない頂きにいる。1959年に巨人入りし、1980年の現役引退まで22年間プレー。現在とは球場の広さなどに違いがあるものの、そのどれもが群を抜く数字だ。

 通算本塁打が700本を超えているのは王氏ただ1人。2位の野村克也氏が657本塁打で、その差は211本にもなる。1962年から13年連続、通算で15回の本塁打王に輝き、1962年から引退する1980年まで19年連続で30本塁打以上、うち13年で40本以上と驚異的な本塁打数を記録している。単純計算で20年連続で40本塁打打たなければ、手が届かないという大記録だ。

 王氏は5500塁打、2000打点、2000四球にも、球史でただ1人到達している選手。5862塁打は2位の野村氏の5315塁打に547差、2170打点は同じく182差、そして2390四球は2位の落合博満氏に915もの差をつける。王氏は1963年から16年連続で100四球を超えている。相手球団から徹底的に警戒されている中でも打ち続けていたことが、またその凄さを痛感させられる。

 なお王氏は1974年にシーズン最多記録となる158四球を選び、出塁率.532という驚愕の数字を叩き出している。また1967得点、427敬遠、通算出塁率.446も歴代1位となっている。

20年連続で50盗塁以上が必要な1000盗塁はもはや更新不可能?

・450二塁打
立浪和義 487二塁打

 1988年にPL学園から中日入りした立浪氏。プロ1年目から主力となると、そのシュアな打撃で特に二塁打を量産していった。1994年から12年連続で20二塁打以上を続けて打ち、通算487二塁打は歴代トップ。2位は福本豊氏の449塁打で38本の差をつけている。

・1000盗塁
福本豊 1065盗塁

 世界の盗塁王と呼ばれた福本氏。1000盗塁はもちろん、通算600盗塁以上をマークしたことがあるのが福本氏ただ1人で、この1065盗塁という数字がどれほど凄まじいか分かってもらえるだろう。2位の広瀬叔功氏でされ596盗塁で、その差は469盗塁もある。

 1969年に阪急に入団した福本氏は現役を引退する1988年まで
20年間プレー。2年目の1970年に75盗塁をマークすると、1972年にはNPB記録となる106盗塁を記録するなど、13年連続で盗塁王に輝き、14年連続で50盗塁以上を記録した。単純計算で50盗塁を20年続けねばならず、現代の野球界では更新はほぼ不可能だろう。

・500犠打(川相昌弘:533犠打)

“バントの名手”として知られる川相氏は1982年のドラフト4位で巨人に入団。7年目の1989年から出場機会を増やし“繋ぎ役”として活躍。9年連続で30犠打以上を決め、球史で唯一の500犠打を達成した。1994年には打率.302をマークしており、決して打てない打者だったわけではない。2位の平野謙氏が451犠打で、その差は82犠打。現役最多はソフトバンクの今宮健太で300犠打にあと1の通算299犠打。

 84年の長いプロ野球の歴史でも、ただ1人しか達成していないこれらの記録。800本塁打など王氏の持つ記録や福本氏の1000盗塁など、現代のプロ野球ではおよそ不可能とも思える記録がある一方で、張本氏の3000安打や立浪氏の450二塁打、川相氏の500犠打などは更新の可能性もまだあるだろう。20年以上の長い現役生活でほぼ怪我なくコンスタントに出場を続け、その上で結果を出し続けることが必要ではあるが、こうした記録を打ち立てる選手の登場を期待したい。(Full-Count編集部)