日本人投手ワーストの10失点に「キャリア最悪のパフォーマンス」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は26日(日本時間27日)、本拠地でのマーリンズ戦に先発し、3回2/3で9安打を浴びて自己ワーストの10失点(自責10)で降板した。自身5連敗で9敗目(6勝)。チームは10-22で大敗した。7月末のトレード期限が迫る中、去就に大きな注目が集まっているエース右腕のKO劇について、地元メディアも大きく取り上げた。

 ダルビッシュは初回先頭のゴードンに先頭打者弾を浴び、1死後にはイエリッチにも被弾。さらに、4回には先頭のオズナの二塁打、リアルミュートの安打で無死一、三塁とされると、イチローに右中間への適時二塁打を浴びて失点。その後も立て直せず、1-6の2死満塁からオズナに走者一掃の三塁打を浴びて降板となった。

 2番手ジェフレスがリアルミュートに2ランを浴び、ダルビッシュの失点は「10」に。1試合で自責10は、メジャーリーグでの日本人投手史上ワーストとなった。

 7月31日のトレード期限を前に、ダルビッシュの去就は大きな注目を浴びている。ドジャース、カブス、ヤンキース、アストロズに加え、ナショナルズ、ブルワーズなど今季の地区優勝、ワールドシリーズ制覇を狙う球団が興味を示していると報じられており、この日のマウンドにも注目が集まった。しかし、7月最後の登板はまさかの大炎上。地元紙「スターテレグラム」は「ユウ・ダルビッシュはレンジャーズで最後となる可能性がある登板でキャリア最悪のパフォーマンス」と伝えた。

「レンジャーズは売り手への移行を続ける」?

 また、ESPNも「レンジャーズで最終登板となる可能性のあるユウ・ダルビッシュだが、プラン通りにはいかなかった」とのタイトルで速報。MLB公式サイトは「ユウ・ダルビッシュがトレード期限を前に最悪の先発」と報じ、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「ユウ・ダルビッシュがマーリンズ戦で炎上し、レンジャーズは(プレーオフ進出への)競争相手から売り手への移行を続けることになる」とのタイトルで特集した。レンジャーズはワイルドカード争いで圏内まで4.5ゲーム差となっており、プレーオフを諦めてエースのダルビッシュを放出することになるのか、注目が集まっている。

 MLB公式サイトによると、ジェフ・バニスター監督は試合後、乱調に終わったダルビッシュについて「我々の目から見て、(ダルビッシュは)確かに強打を許した球がいくつかあったし、欠点が見えるものもあった。相手は序盤に攻撃的だった。しかし、彼は上手くやりこなそうとしているように見えたし、結果として連中を片付ける方法を見つけられなかっただけだ」と話したという。

 この10失点が、本当にレンジャーズでの最後の登板になるのか。7月31日のトレード期限を迎えるまで、ダルビッシュの去就が目を離せない。(Full-Count編集部)