履正社は準々決勝まで全6試合でコールド勝ち

 各地の夏の地方大会もいよいよ佳境に入った。27日に準々決勝4試合が行われた大阪でもベスト4が出揃い、29日の準決勝では大冠vs上宮、大阪桐蔭vs履正社というカードが決まった。特に、大阪桐蔭と履正社は今春のセンバツ決勝戦以来の対戦となり、高校野球ファンから注目が集まっている。

 履正社は準々決勝までの6試合をすべてコールド勝ち。ただ、大会の序盤戦は持ち前の打撃が振るわず苦しんだ試合もあった。初戦の常翔啓光学園戦では9-0で7回コールド勝ちをしたものの、安打はわずか6本。4回戦の今宮戦では先制を許す苦しい展開の中、何とか中盤に逆転したが、チャンスで凡退する場面が目立った。「ヒットは出ても取るべき場面で点が取れていない」と岡田龍生監督が渋い表情を見せていたが、5回戦の久米田戦から各打者のバットが振れてきた印象がある。

 準々決勝では好左腕・宮本大勢を擁する大体大浪商と対戦。宮本は4回戦の槻の木戦で5回参考ながら無安打無得点のピッチングを見せるなど絶好調。打線も3番の西川尚汰を中心に振れており、勝ち上がりからすると浪商が有利とも見られていた。だが、蓋を開けると、今夏初めて1番に座った石田龍史が先頭打者本塁打を放つと、2番の溝邊冬輝が四球で歩き、3番の安田尚憲が右中間に本塁打を放つなど、初回に一挙5点を先取。以降も小刻みに得点を重ね、終わってみれば15点を挙げる5回コールド勝ちとなった。

「浪商さんの方が優位だと思ったし、コールドなんて予想もしていなかった」と、岡田監督は驚いた様子を見せた。注目の安田はここまでの6試合で15打数11安打、打率が.733と絶好調。準々決勝に先発したエース竹田祐は5回でわずか63球と、疲労がさほど溜まっていないのも好材料だ。初戦で先発した際はフォームが安定せず苦しんだが、試合を重ねるごとに安定感が増しただけに、29日準決勝でのピッチングにも期待が膨らむ。

エース徳山筆頭に投手層の厚い大阪桐蔭

 一方の大阪桐蔭も同じくここまで6試合を戦ってきたが、コールドゲームは2試合のみ。だが、エースの徳山壮磨をはじめ、2年生の長身左腕・横川凱、同じく2年生で140キロ後半の速球を持つ柿木蓮など投手層は厚い。打ち勝つ、というイメージではなく、勝負所でしっかり点を取り、着実な野球で勝ち上がってきた印象がある。ただ、27日の準々決勝・興国戦は初回に4点を奪われ、2回に追いつくも6回に再び3点を先行されるなど苦しんだ。興国の強打線に押されてミスが出た場面もあったが、点を取られても直後のイニングでしっかり点を取り返し、劣勢でも跳ね返すことができるのは、さすがセンバツ王者とも言える。

 攻撃の核となるのは1番の藤原恭大。広角に打てる打撃に抜群な脚力も見せつけ、この日も2安打をマークした。数字にははっきり表れていないが、好調をキープしている。

 準々決勝は先発した2年生右腕の柿木、2番手でマウンドに立った根尾昂がやや精彩を欠いたが、エースの徳山を温存できたのは大きい。ただ、5回コールドで試合時間1時間13分だった履正社に対し、3時間を超える激闘を制した大阪桐蔭。疲労度は対照的だが、逆境から勝利をものにした流れを29日も維持したい。「明後日(29日)の試合は正直どういう展開になるか分かりません。履正社は打線が乗っているし、正直怖い部分はありますが、気持ちでは負けたくないです」と、福井章吾主将は意気込んだ。

 ちなみに履正社がすべての試合をコールドで勝ち上がり大阪桐蔭と決勝で対戦した13年夏は、大阪桐蔭が5-1で勝利した事実があり、これまでの足取りが決して“決戦”に影響するとは限らない。お互いの意地と意地がぶつかり合う“春の再戦”。今度はどんなドラマが繰り広げられるのか、今から楽しみでならない。(沢井史 / Fumi Sawai)