マッティングリー監督も称賛、イチローが代打で二塁打&歴代22位浮上

 マーリンズのイチロー外野手が28日(日本時間29日)の本拠地レッズ戦で1点ビハインドの6回に代打で出場し、二塁打を放った。これでメジャー通算3060安打とし、歴代22位のクレイグ・ビジオに並んだ。同点機を演出したイチローの起死回生の一打をドン・マッティングリー監督は「ビッグヒットだ」と絶賛。一方、少ない出番で結果を出すことの難しさについて言及している。

 この日のマーリンズは初回に3点を奪われる苦しい展開。それでも4回に2点を返すと、迎えた6回同点機が巡ってきた。無死一塁の場面で、前日出番が回ってこなかったイチローが代打で登場。43際のベテランはここで勝負強い打撃を見せ、相手2番手右腕ロレンゼンの7球目の82マイル(132キロ)のカーブを捉え、右翼へ二塁打を放った。これで二、三塁とチャンスを広げたマーリンズはスタントンの三ゴロの間に同点に追いついた。

 7回に4点を勝ち越したマーリンズは7-4で3連勝。逆転勝利に貢献したイチローはこれでメジャー通算3060安打とし、歴代22位タイに浮上した。チームを救う一撃にドン・マッティングリー監督は試合後、「あれは間違いなくビッグヒットだった」と安堵の表情で称賛した。

 6月前半まで打率1割台に苦しんだイチローはこれで打率.240にまで回復。7月は打率.375と調子を上げている。

指揮官が語るイチローの「タフ」な状況

 背番号51の前半戦と後半戦の違いについて質問されたマッティングリー監督は「前半戦と後半戦でそこまでの違いは感じない。前半戦は結果以外の部分では大きな違いは感じない。彼のスイングもそうだ。だが、出場機会が少し増えてきた。それで打撃もまとまってきた。そういうことがタイミングの面で役立っているのではないか」と分析している。

 また「私には本当に違いを感じないんだ。毎回1打席しかなければ、何が起こるか分からない。先発して、3、4、5打席に立てば違う。1試合1打席という状況では、ヒット数で成功を収めるのはタフなんだよ」と心苦しそうに語った。

 メジャー最強と呼ばれるスタントン、イエリッチ、オズナの外野手トリオは今季大きな故障なく、打撃陣の主軸を担っている。昨季まではレギュラーの負傷などもあり、席数を確保していたイチローだが、今季は4番目の外野手という難しさと向き合い続けている。難しい状況の中でも当たりを取り戻してきた51番に対するマッティングリー監督の信頼は微塵も揺らいでいない様子だ。(Full-Count編集部)