敗れた履正社・若林主将「やっぱり大阪桐蔭が一枚も二枚も上でした」

 第99回全国高校野球選手権大阪大会の準決勝。選抜の決勝戦の再戦となった大阪桐蔭vs履正社のライバル対決は、序盤から激しい点の取り合いとなったが、終盤に2連続二塁打などで逆転した大阪桐蔭が9回に3点を加えて試合を決め、リベンジに燃える履正社を8-4と“返り討ち”した。これで大阪桐蔭は3年ぶりの夏の甲子園に王手をかけた。

 試合後、とても気になったことがある。ベンチから引き揚げ、荷物を運んだりストレッチをする履正社の選手たちに、涙をこぼす者がいなかったのだ。

 その理由を主将の若林将平に尋ねると、悔しそうな表情を浮かべながらも、こう話した。

「そうですね…。やっぱり大阪桐蔭は強かった。そう思うしかなかったです。(エースの)竹田も粘り強く投げてくれたし、自分たちも粘りを見せられたとは思うけれど、やっぱり大阪桐蔭が一枚も二枚も上でした」

 確かに、この日の大阪桐蔭は“やっぱり”強かったとしか思えない戦いぶりを見せた。

 大阪桐蔭は3回に先制点を挙げたものの、その裏に履正社の2番・西山虎太郎、4番・若林の適時打などで、すぐに1-3と逆転を許す。だが、4回に1点差に詰め寄られると、5回にはエース徳山壮磨が同点ホームラン。6回に履正社に1点を勝ち越されたが、直後の7回には先頭の藤原恭大から3本連続の二塁打を集め、2点を挙げて逆転に成功した。9回には履正社のミスをきっかけに2点を加え、試合を決めた。

 単打や犠飛などで何とか加点する履正社に対し、大阪桐蔭は長短打だけでなく相手のスキにうまくつけ込み、したたかに攻め続けた。

ライバル校に見るスタイルの違い、寮生活の大阪桐蔭、自宅通学の履正社

 先発した両エースの粘りも紙一重の差だった。立ち上がりは、履正社の竹田祐の方がやや良かったかに見えたが、大阪桐蔭の徳山は、走者を出しても強気でぶつかっていく姿勢を忘れていなかった。特に、敵の強打者、安田に対しては特大ファウルを打たれても「気持ちで負けたら終わり」と自分に言い聞かせ、勝負し続けた。

 5回戦と準々決勝で計25得点を挙げるなど、絶好調の履正社打線に対し、捕手を務める主将の福井章吾は、準々決勝の試合後こんなことを言っていた。

「自信を持ってリードすればいいと思っても、履正社の打線は怖いですよ。特に安田君は調子がいいし、どこに投げても打たれる雰囲気があります。でも、自分たちも気持ちで負けてはいけない。それだけはずっと思い続けないといけないと思います」

 この日は安田に対して5回に痛烈な左前打を許したものの、初回は空振り三振、7回にはセンターへの特大フライに仕留めた。気持ちで負けずに、4打数1安打に抑え込んだことは大きな勝因の1つだろう。

 スコアは8-4。選抜の決勝戦は8-3だったため、スコアにはさほど変わりはないが、選抜の時、履正社打線は5回まで無安打に抑えられ、3点という点差以上に力の差を感じた。その半年後の大阪大会準決勝では、終盤まで五分五分の展開に持ち込んだことに、“成長”が窺いしれる。だが、善戦しても敗戦したことは事実。「それでも負けてしまったので…」と、若林主将はうつむいた。

 ライバル校として比較されてきた中で、常に指摘され続けてきたのが練習環境の違いだ。大阪桐蔭は寮生活、履正社は自宅通学という対照的なスタイル。大阪桐蔭ナインは野球とだけ向き合うストイックな生活の中、「自分たちはこれだけ練習してきたんだ」という自負が生まれるという。自宅通学の履正社は寮生活よりも制約が少なく、大阪桐蔭の選手には「自由にできるチームには負けたくない」という意地が生まれるようで、直接対決では一層モチベーションを上げて決戦に挑む。今年も履正社を「一番負けられない相手」とし、気合を込め、闘志をみなぎらせた。この姿勢は、いつからか大阪桐蔭野球部内で脈々と受け継がれるようになった。

「この悔しさは後輩たちに晴らしてもらいたいです」

 だが、自宅通学生も決してすべてが自由という訳ではない。履正社には元来、寮という設備がなく、帰宅時間も学校で定められている。小テストなど勉学のため毎日早朝登校するなど、練習に割ける時間には限界がある。だからこそ、限られた時間内での創意工夫された練習を身上としているが、新たな歴史を刻むには、また違った“改革”が必要になってくるのかもしれない。

「今日は彼らが最大限の力を発揮してくれた。よく戦ってくれたと思う。春からワンランク、ツーランクもレベルアップさせてあげられなかった監督の責任です」

 試合後、普段は己に辛口な岡田龍生監督が履正社ナインを称えた。それぐらい力と力でぶつかり合い、全力を出し切った試合。選抜大会の決勝カードと同じ組み合わせにふさわしい、ハイレベルな戦いだった。

 準々決勝までの6試合で3本塁打を放った安田は、汗をぬぐい、時折笑みをこぼしながらこう語った。

「負けたことは悔しいです。最後の最後まで自分たちも諦めていなかったし、ベストなプレーはできたと思います。これからも履正社の野球は続いていくので、この悔しさは後輩たちに晴らしてもらいたいです」

 取材が終わると、若林と副主将の安田は大阪桐蔭ナインへ千羽鶴を託しに行った。

「明日も勝って甲子園に行って、春夏連覇を目指してください」

 あいさつをした後、大阪桐蔭の西谷監督に頭を下げると、主将の福井、そしてエース徳山に声を掛けた。自軍のベンチ裏に戻る道すがら、安田は若林の肩に手をやると、こんな言葉を掛けた。

「強かったな、ほんまに」

 主砲の言葉に頷きながら、履正社を率いた主将・若林は、激戦の余韻がまだ残る戦いの場を静かに後にした。(沢井史 / Fumi Sawai)