楽天のサンチェスが今宮のタッチを掻いくぐる“神ヘッドスライディング”

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっているプロ野球だが、6月中の開幕に向け動き出している。選手、ファンにとってはもう少しの辛抱が続くが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeで公開されている動画の中から、特に印象的な名場面を振り返ってみたい。

 完全アウトのタイミングも左手を囮にした“神ヘッドスライディング”で二盗を決めた楽天の元助っ人がいる。

 2015年4月21日のソフトバンク対楽天戦。1点を追う2回2死一塁の場面で一走・サンチェスはカウント1-1でスタートを切った。ホークスの鶴岡(現日本ハム)は二塁ベース上へドンピシャの送球を見せ、誰もがアウトを確信したがサンチェスは諦めなかった。

 二塁へ向かってヘッドスライディングをすると同時に左腕を前方に伸ばすと、水泳のクロールそのものの動きをしながら、タッチしようと突き出された今宮のグラブを見事に避け、二塁ベースへ無事到達し二盗を成功させた。これには鶴岡も呆然、お手上げ状態だった。

 サンチェスの“神ヘッド”にファンも「スライディング上手すぎ」「このプレーもっと増えてほしいな」「クロール走法」「泳いでるみたいだった笑」「上手いな〜」と大絶賛だった。(Full-Count編集部)