あと1死から起死回生の逆転打、「打ったらヒーローになれるとプラス思考で」

 苦しいチーム状況の中で、大きな勝利を手に入れた。楽天が30日、オリックスに逆転勝ちを決め、連敗を3で止めた。9回2死まで追い詰められたが、2死一、二塁で聖澤が左中間に逆転の2点適時二塁打。「あと1アウトで負けてしまうという厳しい場面。打ったらヒーローになれるとプラス思考に考えて打席に立ちました」。けが人続出の中で、経験豊富な男が期待に応えた。

 この3連戦前まで11勝1敗と得意にしていたオリックスに連敗して迎えた一戦。終盤までリードを許し、9回、抑えを任された黒木の前に中川、三好がともに空振り三振で崖っぷちに追い詰められた。だが、ここから首位チームの集中力を見せつけた。

 嶋、この日から戦列に復帰した茂木が2者連続四球。そして、聖澤だ。カウント2-1から高めの直球をはじき返した。代走の福田が二塁からかえり同点。さらに、一走の茂木も間に合って一気に試合をひっくり返した。大騒ぎの楽天ベンチ。「茂木がホームを踏んだ瞬間はうれしかった」と、聖澤も笑顔を見せた。

 2012年の盗塁王も31歳。今季ここまで2盗塁だが、首脳陣の評価は高い。毎年のようにし烈な外野手争いが行われる中、レギュラーから外れても1軍の戦力として存在感を見せてきた。ペゲーロ、岡島といったレギュラー陣が負傷離脱し、今後は出場機会が増えそうだ。

故障者続出も茂木が復帰、「2年目だけどすごい頼りになる」

 ペゲーロ、岡島だけでなく、後半戦のチーム状況はまさに“野戦病院”。藤田、今江も離脱し、安定感抜群だった抑えの松井裕が左肩の炎症で登録を抹消された。早期復帰は厳しい見通しで、月曜以外すべて試合が組まれている地獄の8月を、守護神抜きで戦わなければならない。そんな左腕の登録抹消の日から3連敗。対照的に2位の福岡ソフトバンクは着実に勝利を重ね、ゲーム差なしに迫られるなど、まさに負の連鎖が拡大しようとしていた。

 だがこの日、前半戦の快進撃を支えた茂木が6月19日以来の復帰。聖澤も「2年目なんですけどすごい頼りになる。これからもっと茂木は活躍してくれると思う」と、後輩を頼もしそうに語った。

 もちろん、この1勝で大きく変わることはない。離脱した選手がすぐに戻ることはなく、8月1日からは好調の3位・埼玉西武との3連戦が待つ。「これからもっともっと厳しい戦いが待っていると思いますが、ファンの皆さんと選手ともに、優勝目指して頑張っていきましょう」と、聖澤はヒーローインタビューで呼びかけた。大量離脱でいきなり楽天に襲い掛かった正念場。ここで踏ん張れるかどうかが、リーグ制覇の大きなポイントとなる。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)