残りは50試合前後、パ・リーグは2強の争いも西武が猛チャージ

 今年のペナントレースも残すところ50試合前後になった。パ・リーグは2強の争いが続いている。

【パ・リーグNPB第18週(7/24-7/31)】

西武     (6試合6勝0敗0分、勝率1.000)
ソフトバンク (5試合4勝1敗0分、勝率.800)
楽天     (5試合2勝3敗0分、勝率.400)
オリックス  (6試合2勝4敗0分、勝率.333)
日本ハム   (5試合1勝4敗0分、勝率.200)
ロッテ    (5試合1勝4敗0分、勝率.200)

 西武が負けなしの6勝。ソフトバンクまでが勝ち越し。故障者が相次いだ楽天は負け越した。

【打者5傑】

○安打
1秋山翔吾(西) 11
2柳田悠岐(ソ) 8
2浅村栄斗(西) 8
2加藤翔平(ロ) 8
5明石健志(ソ) 7
5今宮健太(ソ) 7
5金子侑司(西) 7
5吉田正尚(オ) 7
5ロメロ(オ) 7
5中村奨吾(ロ) 7

○本塁打
1中村剛也(西) 3
2ウィーラー(楽) 2
2アマダー(楽) 2
2今宮健太(ソ) 2
2吉田正尚(オ) 2
2ロメロ(オ) 2
2サントス(ロ) 2

○打点
1中村剛也(西) 6
2浅村栄斗(西) 5
2今宮健太(ソ) 5
4源田壮亮(西) 5
5デスパイネ(ソ) 4
5秋山翔吾(西) 4
5山川穂高(西) 4
5ロメロ(オ) 4
5中島宏之(オ) 4
5加藤翔平(ロ) 4

○盗塁
1金子侑司(西) 4
2秋山翔吾(西) 2
2源田壮亮(西) 2
2加藤翔平(ロ) 2
1盗塁 5人

○打率(規定打席以上)
1加藤翔平(ロ) .471
1柳田悠岐(ソ) .471
3秋山翔吾(西) .458
4金子侑司(西) .438
5中村晃(ソ) .400

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1秋山翔吾(西) 7.48
2吉田正尚(オ) 7.18
3柳田悠岐(ソ) 6.69
4中村剛也(西) 6.11
5ウィーラー(楽) 5.36

 西武の中村剛也が3本塁打。1位のソフトバンク、柳田に1差に迫った。その柳田も首位打者。好調を維持している。

第18週の投手は…

【投手5傑】

○勝利
1武田翔太(ソ) 1
1千賀滉大(ソ) 1
1モイネロ(ソ) 1
1東浜巨(ソ) 1
1則本昂大(楽) 1
1久保裕也(楽) 1
1菊池雄星(西) 1
1多和田真三郎(西) 1
1十亀剣(西) 1
1ウルフ(西) 1
1岡本洋介(西) 1
1武隈祥太(西) 1
1山岡泰輔(オ) 1
1金子千尋(オ) 1
1上沢直之(日) 1
1スタンリッジ(ロ) 1

○セーブ
1サファテ(ソ) 2
1福山博之(楽) 2
1増田達至(西) 2
4黒木優太(オ) 1
4増井浩俊(日) 1
4内竜也(ロ) 1

○ホールド
1岩嵜翔(ソ) 2
1ヘルメン(オ) 2
1シュリッター(西) 2
1ホールド8人

○奪三振
1菊池雄星(西) 12
2則本昂大(楽) 11
3岸孝之(楽) 9
3多和田真三郎(西) 9
3西勇輝(オ) 9

○防御率(規定投球回数以上)
1千賀滉大(ソ) 0.00
1モイネロ(ソ) 0.00
1菊池雄星(西)0.00
1多和田真三郎(西) 0.00
1スタンリッジ(ロ) 0.00

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1千賀滉大(ソ) 28.48
2菊池雄星(西) 24.92
2多和田真三郎(西) 24.92
2スタンリッジ(ロ) 24.92
5則本昂大(楽) 19.48

 リーグ防御率は3.56。ソフトバンク千賀は8回零封。西武の菊池、多和田、ロッテのスタンリッジは7回零封。救援投手ではサファテ、西武の増田とともに、松井裕樹の故障でセットアッパーからクローザーに回った福山も2セーブを挙げた。(広尾晃 / Koh Hiroo)