勝率トップのドジャースに加入、「ワールドシリーズか大失敗か」

 現地時間7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限ギリギリで、ダルビッシュ有投手がレンジャーズからドジャースに移籍することが電撃的に決まった。「ノン・ウェーバー・トレード・デッドライン」直前に飛び出したビッグニュースに、アメリカ各メディアはこぞって特集を展開。“ダルビッシュ狂想曲”が巻き起こっている。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」では「ドジャースはユウ・ダルビッシュのトレードデッドラインでのブザービーターで世界を震撼させる」と特集。西海岸の強豪のダルビッシュ獲りはまさに土壇場のスーパーショットだったという。

 一方、米「ヤフー・スポーツ」は「ユウ・ダルビッシュのトレードで、ドジャースは今やワールドシリーズか大失敗か」と特集。今季すでにリーグ最高勝率.705を誇るドジャースだけに、日本人右腕の獲得で1988年以来のワールドシリーズ制覇を逃せば、失敗を意味することになるという。

「ダルビッシュはクレイトン・カーショー、アレックス・ウッド、リッチ・ヒルをすでに擁しているローテーションに加わる。カーショーは予想以上より順調な腰痛からの回復を見せており、10月を迎えるまでには、ローテーションの獰猛さを目の当たりにすることになる」

 記事では登場しなかったが、前田健太投手や柳賢振投手、ブランドン・マッカーシー投手という先発投手も控えるドジャースの先発ローテーションは、レギュラーシーズン中にメンバーが揃い、脅威になると分析している。

ドジャースは鬼に金棒? 「彼は支配するポテンシャルを持つ男」

 米紙「ワシントン・ポスト」電子版は「ドジャースはすでに野球界のスーパーチームだったが、彼らはユウ・ダルビッシュをトレードで獲得」と特集。盤石な強さを誇る球界最強のチームがさらなる補強に成功したことを驚きとともに報じている。記事によると、ファーラン・ザイディGMは「これはチームにとっては精神面での追い風になる」とダルビッシュ獲得がチームに及ぼす心理効果について語っていたという。

 米全国紙「USAトゥデー」電子版も「歴史的に偉大なシーズンの真っ只中で、ドジャースは強化の一途を辿る」と特集。ドジャースが今季、イチロー外野手がルーキーだった2001年シーズンにマリナーズが記録したシーズン116勝というMLBタイ記録に、わずか2勝届かないペースで白星を重ねていることを紹介。「これはダルビッシュなしで全て成し遂げている。彼は支配するポテンシャルを持つ男だ」と称賛し、もはや鬼に金棒状態だと指摘している。

 一方、レンジャーズの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」電子版は「レンジャーズがドジャースに白旗を揚げたことで、ダルビッシュはついにワールドシリーズ制覇のチャンスを迎えた」と特集。ダルビッシュ個人にとっては、レンジャーズでの日々で叶えられなかった世界一に近づく移籍になったと報じた。

 米メディアで“狂想曲“を巻き起こしたダルビッシュの衝撃トレード。果たして無双状態の続くドジャースは1988年以来のWS制覇を果たすことはできるのか。そして、ダルビッシュも悲願のワールドシリーズ優勝リングを手にすることができるのだろうか。(Full-Count編集部)