昨年に続くイベント開催、マスコットやチアガールが共演

 7月15、16日に台湾の高雄澄清湖棒球場で埼玉西武ライオンズと統一ライオンズのコラボイベントが催され、日本から埼玉西武の球団マスコット・レオとライナ、公式パフォーマーのbluelegendsが参加。現地のファンに日本のプロ野球の魅力を存分にアピールした。そして今回、コラボイベントの第2弾として7月26、27日にメットライフドームで「友好記念試合」を開催。昨年も「統一セブン-イレブンライオンズデー」(今季からチーム名は統一ライオンズ)と銘打ち、日台の「ライオンズ」がコラボレーションするイベントが行われたが、今年も継続開催となった。

 2日目の27日。16時半の開門時間を迎え、長蛇の列を作っていたファンが3塁側ゲートにドッと押し寄せる。そこではレオ、ライナとbluelegends、そして統一ライオンズの公式マスコット・LIONと公式チアガール・Uni-girlsがお出迎え。ハイタッチをしながら観客席へ向かうファンもいれば、台湾でしか触れ合うことのできないLIONやUni-girlsと記念撮影をするファンも。それぞれが思い思いに日台の交流を楽しんだ。

 開門から15分が過ぎ、ドーム前特設ステージでは場外ステージショーとして日台のマスコットとパフォーマー、チアガールが息の合ったダンスを披露。試合直前のグラウンドでは「LION」vs「レオ」のパフォーマンス対決が行われ、セレモニアルピッチはUni-girlsのメンバーが行った。

 バズーカタイムやラッキーセブンなどのイニング途中にもLIONとUni-girlsが登場し、場内を盛り上げると、試合は日台のライオンズファンの声援を受けたライオンズナインが躍動し、2-0で勝利。6-2でバファローズを下した1日目に引き続いて連勝を飾り、ベストなかたちで2日間のコラボイベントを終えた。

パ・リーグの台湾マーケット拡大も追い風

 今回のイベント開催に携わった埼玉西武ライオンズ事業部次長(スタジアムグループ担当)の狩野央氏は、「先日、台湾に行かせていただきましたが、現地の多くの方が埼玉西武ライオンズをはじめとする日本のプロ野球チームのユニホームを着て観戦されていることに驚きましたね」と、日台の交流の効果が表れていることを感じたという。

「統一ライオンズとは2008年アジアシリーズの決勝を戦ったチームであり、昨年の秋季キャンプにコーチ・選手が参加しています。また、OBの郭泰源さんが去年まで監督をされていて、台湾の中でもなじみのあるチーム。そういった意味で、様々な交流をしていきたいと強く感じていたのが今年もイベントを行うことになったきっかけです」と、今年もコラボイベントを実施した理由について狩野氏は語った。

 パ・リーグの台湾マーケット拡大も追い風となっている。2016年の1月にはパシフィックリーグマーケティング(PLM)がFOXスポーツ台湾と3年間の放映権契約を締結し、毎年、台北で行われている台湾国際観光博覧会にも参加するなど、台湾でのパ・リーグの認知度は日に日に高まりつつある。この日のメットライフドームにも、統一ライオンズのユニホームを身に着けた台湾のファンの姿があり、熱心に埼玉西武ライオンズの選手たちに声援を送る姿が非常に印象的であった。

 狩野氏は「交流の内容も少しずつ濃くなっていますし、現地のファンの方も足を運ばれているのを見ることができ、うれしく思います。」と2日間の感想を語り、今後の展望については「今回のイベントのような交流は日本野球と台湾野球との懸け橋になると考えています。そういった意味でそのパイプを太くしていくために、色々な施策をしていきたいですし、日本のファンの方も台湾の球場に、そして台湾のファンの方も日本の球場に積極的に足を運んで、お互いの文化を知るための手段の一つとしても野球場に足を運んでいただきたいですね」と締めくくった。

 狩野氏の言葉にもあったように、日台の交流の効果で両国の球場に足を運ぶファンが増えつつある。また、秋季キャンプに参加することで技術の交流が進むなど、距離はグッと縮まっている。今後もこうしたイベントなどの開催により、日本と台湾野球の関係性が強化されることを切に願う。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)